お部屋大好き!

お部屋大好き!

コットンパッティングの注意点

2017-07-26 20:26:00 | 日記
コットンパッティングの注意点

コットンを使って化粧水を顔に付ける場合、パッティング方法を間違えてしまうと肌にダメージを与えてしまいます。
間違えたパッティングを行わないように、正しい方法を知っておきましょう。

まず、コットンに付ける化粧水の量は、少なくても多すぎても駄目です。
少ない化粧水は、コットンの繊維が肌に直接当たってしまい、シミやシワ、乾燥などの肌ダメージに繋がります。また、充分な量の成分を肌に付けることができないので、せっかくのパッティングも効果が得られません。
逆に多すぎる量は、コットンが重くなり肌に付ける際に大きな衝撃となり、肌にダメージを与えてしまいます。コットンから化粧水が滴ってしまうと、パッティングをしたい部分以外にも化粧水が付いてしまったり、床に落ちて汚れを作ってしまいます。
目安としては、10円玉大の化粧水を付けるようにしましょう。
ほうれい線に効く美顔器
パッティングの際に強く叩き過ぎるのは厳禁です。叩く力が強い分、肌にダメージを与えてしまいます。
何回も同じ場所をパッティングするのも避けましょう。少しずつ移動させながら、顔全体にまんべんなくパッティングをしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コットンパックはどのくらい... | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。