駄楽器駄日記(ドラム、パーカッション)

ロッキンローラーの打楽器日記

映画「ジェイソン・ボーン」すごかった!

2016年10月28日 | 映画
10月28日(金)
今夜は映画!
バンドリハもなかったし、金曜日で映画が安いんだから迷わず出かけました。
今回は今まで何度も予告で心をくすぐられていた映画「ジェイソン・ボーン」。
監督はポール・グリーングラス。
まあ~何がいいかって、アクション映画が好きなオレだし、主演の「マット・ディモン」が好き。
彼も今じゃ中年のハリウッド大スターですが、若い頃はいかにもアメリカ人の若者って面構えをしてて、はにかんだような笑い顔が好きだった(笑)
で、この人はハーバード大出身(中退)の秀才なんだって。
そんなマットさんが、筋肉マンとなって激しい格闘シーンやらカーアクションをこれでもかって見せてくれます。

映画自体はボーンシリーズの最新作ということで、謎解き冒険バラエティー(イッテQ?)なんですが、実に忙しい映画。
アジア・ヨーロッパ各国を駆け巡るスピードと、そこで起きる激しいシーンが連続してずっと手に汗握ってる。いやあ~面白いったら。
それと敵味方があまりにもはっきりしちゃってて、観客を裏切る要素がない(笑)
これってどうなの?って書いててそう思うけれど、いいんです。映画は面白ければすべてオーライ!
共演者もいい。
トミー・リー・ジョーンズの渋さ。缶コーヒーは飲んでなかった(笑)

そして、味方になるのが美しいアリシア・ヴィキャンデル。
きれいかった~(笑)
最後のカーアクションは、「おいおい、どんだけクルマ壊すねん」と変な関西弁で突っ込んでしまいました。

映画、止まらん。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演奏ができるってありがたい | トップ | THE STARKEY/CONNY CAT'Sライ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL