駄楽器駄日記(ドラム、パーカッション)

ロッキンローラーの打楽器日記

リンゴのドラミングのキーワード

2017年06月30日 | ビートルズネタ
我らがスター、リンゴ・スターのドラミングについて勝手な持論を述べるシリーズの続きであります。
今まで、「ビートルズ・サウンドの秘密をドラマー目線で考えると、リズムの要のリンゴのスネアの重さがキーポイントであるのではないか」と考え、そんなことをチマチマと書きました。
ザ・スターキーのドラマーとして5年間コピーをしてきて考えた一つの結論ですが、これをうまいこと言い表すキーワードがあります。
「餅つきぺったん」
なんじゃそれ?と思うかもしれませんが、これがまたピッタシなのであります。
実はこの言葉、オレのオリジナルじゃありません。
始めの頃に、ポール役のミッチーがリズム固めをしている時に言った言葉です。
リンゴのドラミングの全てに当てはまるわけではありませんが、ある時期のドラミングはこうだったんです。

ビートルズの中期を代表する名盤「ラバー・ソウル」の1曲目「Drive My Car」は、当時流行していたR&Bのリズムを取り入れた名曲ですが、このリズムが「餅つきぺったん」なんですね。
イントロの一拍食って入るギターのフレーズからドラムのオカズが一瞬「アレレ?」というトリッキーな曲ですが、曲中のリズム自体はどっしりとした8ビート。
このどっしりとした重たさが、餅をついたようなR&B特有の粘っこさを出しています。
これをミッチーが餅つきぺったんと上手いこと表現したというわけ。
このアルバムを通して落ち着いたどっしり感が漂っていて、名盤と言われるゆえんナシバラハウンドッグなんですね。
さあ、皆さんも餅つきぺったんで粘り腰!?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リハでした | トップ | お野菜がお安い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
餅つきペッタン^ - ^ (Michiyasu)
2017-07-02 22:29:38
hey3の探究心に胸を打たれまして今日があります。探究ベリーマッチ!です。

ビートルズサウンドには沢山の謎解きがありますよね。ロックンローラーな彼らが黒人音楽に早い段階から影響を受けており、彼らなりに料理した結果がスーパーオリジナルへと変貌を遂げます。A Hard Days NightのAメロ最後「You know I
Fell all right」の「all right」は楽典なら短調な、まさしくブルーノート音階でして、この歌い回しがここに入ってくる奇抜さをポップなオブラートに包んでるセンスは「どがっちょいい(とてもかっこいい)」の一言に尽きます。
そんな彼らが中期に差し掛かる頃、モータウンを代表とする黒人音楽も進化しつつあり、この変化をビートルズはいち早く察知したに違いないと思います。50年代は4ビート、60年代初頭は8ビートがトレンドという流れがあり、60年代中期に差し掛かるとラテン音楽との融合も経つつ16ビートが8ビートの後ろで鳴り始めています。このビート感の変化がポイントな気がするんです。細やかなビートをしっかり支える「餅つきペッタン」はThe WardやWe Can Work it Outにも感じることができます。
そんな彼らの当時の時代情勢なんかも合わせもって観てみることが大切な気がします。
探究Very much ! (hey3)
2017-07-03 08:47:05
ミチヤス
いきなりの「探究ベリーマッチ」に感動しました!(笑)
ミッチーの講釈がいつも素晴らしいんです。
てか、講釈って言うと「この講釈垂れめ!」みたいなニュアンスになるので、解説ってことにします。でも、解説じゃないんだよなあ。ミッチーの話は講釈なんです。ビコーズなぜなら、ビートルズを研究してある一定の年度を経て、やっと理解できるレベル。すんごい深いんです。
いやあ、ためになります。ありがとう。

コメントを投稿

ビートルズネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL