駄楽器駄日記(ドラム、パーカッション)

ロッキンローラーの打楽器日記

リンゴのドラミング

2017年06月25日 | ビートルズネタ
昨日の続きであります。

ビートルズ・サウンドの要、リンゴ・スターのドラミングの秘訣とは。
自分が思うに、それはスネアの重さではないかと。
リンゴの使用していたスネアはラディックのジャズ・フェスティバルという、メイプル材の薄いシェルなのでスネアは軽いのでは?
なんて、そういう話じゃありましぇん。。。
スネアのタイミングが軽いか重いかという話であります。
普段気にせず聴いていると、リンゴさんの軽やかなドラミングは、「軽い」というイメージがあったりします。
「ア・ハードディ・ナイト」、「ヘルプ!」などのスネアは、かん高く、まるでメタルのスネアのようにカンカンと鳴っています。
もちろん、レコーディング時にテープスピードを変えていたりするので、聞こえるスネアサウンドやタイミングが軽くなるのは百も承知の上。
また、スターキーのメンバーも「テンポ感ではなくスピード感ががリンゴは違う」などと抽象的なビートルズ哲学をぶつけてきたりして、自分も敢えてスネアのタイミングを「軽め」方向へシフトしつつ演奏してきたわけです。
ザ・スターキーはまる5年継続していますので、けっこう長い事、意識をそう持って演奏していたことになりますね。

ところが、それってちょっと違うんじゃないかなと、このところ疑問を持つようになってきました。
それは、自分なりにいい演奏をしたように感じたライブの録音をプレイバックすると、逆におかしかったりする。いや、以前からそうなんですが、後で音源を聴いて反省しますが、「いい演奏」というものが、意識して軽めのスネアを叩いた時にリンクしない。不自然なのであります。

YouTubeで古い映像を確認しますと、リンゴさんはスティックをスネアに押し付けるように叩いています。
「むむっ、これかあ~」なんて思ったわけです。実は、このリンゴさんの「クセ」は、ずいぶん前から知っていました。
けれど、このクセはいいクセではないと勝手に思っていました。なぜなら、ドラマーとして考えた時、スネアをヒットした瞬間にスティックを押し込むと、サウンドが変化するんです。
例えば、抜けのいいチューニングしたスネアを、「スパ~ン!」と叩いた瞬間にスティックでヘッドをぐっと押し込むと音が詰まります。するとナチュラルなスネアのサウンドが台無しになるんではなかろうか?と、どこの誰が考えてもそう思いますよね。
しかし、それをリンゴさんがやっていたんです。
そうすることで、スネアのサウンドというより、タイミングが遅くなるのではないか。

実際にそれを意識してみると、次の小節の準備が遅れることによって、全体のリズムが重くなるのです。
これがリンゴさんが作る、ビートルズサウンドの秘訣じゃないか、と思うわけなんであります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ビートルズ・サウンドについて

2017年06月24日 | ビートルズネタ
今日は、少し真面目にドラムについて考察。いや、いつもふざけてるわけではないんだけれど。。。
今日はビートルズ・サウンドについて。ありゃま、いやにでっかい風呂敷広げちゃったなあ。

「ザ・ビートルズのあのサウンドの秘訣とは?」
少しでも本物のビートルズの演奏に近づけたいと願う、我々ザ・スターキーを含めてコピーバンドの皆さんの究極の命題であります。
秘訣と言うと、なんかパッパッと料理に加えるとあら不思議、深みとコクが出て旨~いなんていう、「味覇(ウェイパー)」とか「創味シャンタン」のような調味料のようなものがあるのかと言えば、それはない。
何と言っても、4人の天才が織りなした芸術品。
歌に関しては言うまでもありませんが、ジョンのギターのカッティング、ポールのベースなんてホント聴けば聴くほど天才だと思うし、ヘタウマのように言われることすらあるリンゴの独特のドラミングこそ、天才の証。
さらに、5人目のビートルズと称されたプロデューサー、ジョージ・マーティンのアレンジがあっての完成型。
それを一つ一つ紐解いていくのは、トーシロのあたしにゃそりゃ無理。専門家によって既に今まで世界でいくらでも分析されてきただろうし、そういう本を読むと楽しいしよくわかります。

自分はドラマーなので、やっぱり天才リンゴのドラミングを研究しております。
ポールやジョン、ジョージはなぜ、ピート・ベストを首にしてまでリンゴ・スターを加入させたのか。それはやはり、あのリンゴの躍動するドラミングに惚れ込んだと言うほかない。
若者だったビートルズのメンバーは、ロックンロールが大好きだった。そこには、ピートのドラミングじゃ物足りなくて、ライバルバンドのドラマーだったリンゴのガツンとパンチのあるドラミングがどうしても欲しかったんでしょうね。
初期のビートルズのドラミングはまさにリンゴ節にあふれているわけですが、ただ、デビュー曲「ラブ・ミー・ドゥ」では、リンゴはジョージ・マーティンに認められず、セッションドラマーのアンディ・ホワイトに差し替えられるという苦汁を飲んでいます。ロックンロール・ドラマーとしては最高なんだけれど、器用なドラマーではなかったということでしょう。
リンゴのバージョンは、アルバム「パストマスターズ1」で聴くことができて、決して悪いとは思わないけれど、リンゴじゃなくてもいいというか、リンゴの良さが出せる楽曲でもないと思う。
また、のちに発表されたアルバム「アンソロジー1」では、ピートベストの演奏による「ラブ・ミー・ドゥ」も収録されていて、比較すると面白いんですが、試行錯誤の最中なんでしょう。はっきり言ってイタイ演奏である。

さて、リンゴさんの真骨頂でもある、ロックンロール系のエイトビートについてであります。
自分が思うに、リンゴのドラミングの大きな特徴は、スネアの重さであります。

そのあたりを、明日ちょっと述べたいと思うのであります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひとこと言いたいっ!

2017年06月23日 | 駄日記
えーっ。コンコン。あ、あー。マイク入ってる?あ、そう。はい。
えっと、コホン。
皆さん、こんばんわ。えっと、はじめまして。自分はへーと言います。
今日はちょっとですね、言いたいことがありまして、えっと、喋るのは苦手なんですけど、ここへ来ました。
えっと、ん~。ああ緊張するう。
実は、ひとこと文句言いたいと思います。
それは、あのう、アベノミクスがどうのこうのと新聞とかTVでも全然聞かなくなりました。
株価がどうだとか失業率がどうだとか、ちらちらと政府は上昇をアピールしますが、どえらい前に景気が悪いといって給料が減らされたままのオジサンには何ら関係ありましぇん。

えっと、今年の6月から、ビール類のアルコール飲料が値上がりました。これに関し、非常に強い憤りを感じております。
我々左党の憩いの源、庶民のみかた。
ビールなんかはもともと高嶺の花ですから買えないです。ですからその下にある第二のビールと言われる「淡麗生」などの発泡酒も、確かに美味しいんだけれどちょっとお高くて選択肢に入りましぇん。。。
なので、やむなく第三のビールと言われる「金麦」など「発泡性リキュール」をちょっとでも安い量販店でわざわざまとめ買いをしていたわけです。
だけどビール会社のたゆまぬ努力によって、第三のビールなど最初は不味くて飲めないなんて思っていたけど、今では見違えるほど美味しくなっていったわけで、まあそこそこ劣等感を感じつつも、美味しく味わっておるわけですよ。
それを、結果として安くて売れるから税金を値上げしようなんて考えがセコ過ぎないかって話です。
ビール系の値段が3段階になっているのを是正するとかいって税金の値上げをしようという悪どい魂胆。
そんなんで缶の値段が1本当たり100円だったのが、ほぼ120円ほどに値上がりしちゃって、冗談じゃねえぞって話です。。。
平凡なおとーさんのちっちゃな楽しみを奪うんじゃねえよ。
安月給を我慢して毎朝頑張って起きて仕事に行くわけです。帰った後の「プシュ」だけを楽しみにして日暮れまで頑張るんだって。

オレたち貧乏な庶民は、ちょっとでも安く買いたくて、セコくドラッグストアなんかまでわざわざ買いに行ってるけど、そこに目をつける国のほうがよっぽどセコいんじゃあありませんかっつうわけですよ。
取れるとこから取るっていうのが税金の法則だとしても、勤労意欲を失うようなやり方をしてんじゃあねえよって言いたい。
冗談はよしこさん。
やめてけれーゲバゲバってんだ。
おっと、2本も飲んじゃった。ああ、ちょっと酔っ払ったようでわりかったっす。ひっく。。
マイクお返しします。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Soul Finger/ど平日でも

2017年06月22日 | ソウル・フィンガー
6月22日(木)
今夜もライブでした。ソウルフィンガーでプライベートパーティでの余興演奏。
今週はど平日のライブが続いて楽しいです(笑)。
特に今日みたいに大盛り上がりしてくださると、疲れなんかも吹っ飛びます。
やっぱり、オレたちバンドマンはお客さまあってこその存在なんだなって思います。てか、それを実感したくて続けけてるようなもんですが。。。

新郎新婦じゃないよ、チハルちゃんとアキラ君だに(笑)ドラムブースからパチリ。
会場は浜松の繁華街ド真ん中。
道路事情によりちょっと搬入搬出に苦労しましたが、元気が出ました。
機材はオール持ち込み。3階まで運ぶので小ぶりのセットにしました。

久々に登場のYAMAHAバーチカスタムアブソルート君。YD9000みたいな音がするんですよね。カワユイ!
盛り上がってくださって感謝!

後ろの白い壁は、実は映画のスクリーン。
かつての東映の映画館で、楽屋などにかつての面影がたくさん潜んでいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豪雨でした

2017年06月21日 | 駄日記
6月21日(水)
ここ数日お腹の調子がよくなくて、ずっと下痢気味。コンビニものばかり食ってるから腸内環境が悪いんだろうなあ。
今週も月、火曜日とトイレに何度も行ったりして、もし通勤の電車が止まっちゃったりしたら困るなあなんて思っていました。
昨日、久しぶりに飲みに行って飲み過ぎたら今朝はピーピー。。。
こりゃヤバイ、遅刻だなんて思ったら、すごい豪雨で電車が止まったりしていて、結局お休みすることに。
年休は売るほど余っています。

しかしよく降りました。お昼ごろにはピークになり、河川沿いなど避難勧告が出ていました。

あまり極端な雨は困りますが、これで水がめは貯まったかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お楽しみ

2017年06月20日 | ライブ
6月20日(火)
平日ですがライブでした。
1回だけの即席バンド、「マイルドマンズ」でGSをやりました。
パーティーでの余興演奏だったので詳しくは書きませんが、楽しかったなあ。
練習は1回だけでしたが、そこそこ上手くいったと思います。
こういう突然いただくオファーに上手く応えなきゃというチャレンジはとても楽しい。
年に1度もない、ごくたまにあるお楽しみでした。

演奏後、珍しくミッチーに誘われて飲みに行き、二人でウチアゲしました。
実に久し振りで乾杯。
自分もあまり外飲みしなくなっちゃったし、まさか断酒したミッチーに誘われるなどということも珍しいことで、「いったい何の話?」なんて訝っちゃいました。
でも聞いてみると「車で来ていないならたまにはどう?」的に酒好きのオレを誘ってくれただけでした(笑)
ウチアゲなんて久し振りすぎて、嬉しくて飲み過ぎちゃいました。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「好きさ好きさ好きさ」が好きさキサスキサス?

2017年06月19日 | バンド
6月19日(月)
今夜は月曜日にもかかわらずバンドリハでした。
急きょ結成したバンド「マイルドマンズ」。名前はどこかのパロディなんですが、「やさ男たち」ってことで。。。
しかしメンバーはいつものオジサンたち。

(画像は先週の定期ライブのリハ風景。マイルドマンズじゃないっす(笑))
紅一点のビジュアル系キーボーディスト兼パーカッショニスト兼、人気MC裏番長はお休みです。
懐かしのGSを練習しましたが、いやあ~楽しい!(笑)世代的にドンピシャなんだよね。
ザ・タイガースにテンプターズにオックス、スパイダースにカーナビーツ、ジャガーズにブルコメ、ヴィレッジシンガーズ、ゴールデンカップスにワイルドワンズ、等々いくらでも出てくる。
そんな名曲の数々のうち数曲練習しましたが、キメが多い曲では所々つまづいたりしつつ、歌詞までそらで歌えちゃったりする。
ビートルズはオレなんて未だにまともに歌えないのに。。。

特に好きなのがカーナビーツの「好きさ好きさ好きさ」で、子供の頃TVで見たアイ高野さんのあの仕草にしびれた。
デビューは16歳だったといいます。凄い可愛らしい顔で、あの激しいドラミングと歌が上手かったという印象が忘れられません。若くして亡くなられましたが、プロ中のプロの人だったと思います。
25年ぐらい前だと思うけど、アイ高野さんのバックを務めさせてもらったことがあります。
当時は、竹田和夫さん率いる「クリエイション」のボーカリストとして「ロンリーハート」の大ヒットでTVにも出ていて、オレも大好きだったしすごく緊張しました。
ソロで豊橋に来られて、当時地下でバブル期でブイブイ言わせていたバークレイでのライブでした。
アイ高野さんは自分たちバックバンドには厳しい注文が多かったんですが、素晴らしいショーを実現してくださいました。
これぞプロ!という一夜でした。
さすがにこの曲だけは誰にも負けないぞという気持ちで叩くことができます。
しかし、他の曲は何10年も演奏していないとなると、記憶を探り探りという感じで、なんちゅうか、ボケ防止にはいい感じでした。。。
同様に、この曲に思い入れがなくても当然ですが、「好きさ好きさ」が「キサスキサス」に間違えるかって?(笑)
まあメンバーMお得意のギャグでしたけどね~。
がんばろうっと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GSバンド

2017年06月18日 | バンド
6月18日(日)
来週、というか今週の平日にザ・スターキーでのお仕事をいただき、ありがたく引き受けましたが、急遽内容の変更があり、「洋楽禁止、邦楽で」との指示が。
ありゃまあ、ビートルズ禁止ということでGSに挑戦。
GS=ガソリン・スタンドか~?っていうのは昭和のギャグ。
まあ、器用なミュージシャンの集合体ですから、心配はいりませんが。
そんなわけで一夜限りのGSバンドが誕生です。
名前は「マイルドマンズ」(笑)

まだ、ちゃんと練習していませんが、今日ちょっと音源を聴いて確認。
昔やっていたので楽曲に不安はありませんが、久しぶりに聞くと考えていたテンポ感が違っていました。
割とゆったりだったり、逆にゆっくり感があった曲が案外早かったり。

改めて聴いてみると楽しい。
アレンジもいろいろと凝ってるし、昭和って時代は、インフラの発展とともに歌謡曲やポップスにも圧倒的な技術の進歩があったんだなあって再確認。
音楽って面白い。

頑張るかな!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

THE STARKEY/バークレイ5周年記念ライブ

2017年06月17日 | ザ・スターキー
6月17日(土)
自分のメインバンドであるスターキーの5周年記念ライブが無事終了しました。
いやあ、実に楽しかったです。
記念グッズの抽選会もあったり、新曲の発表もあったりと、出し物もいろいろあって盛り上がりました。
それにしてもたくさんのお客さまに感謝です。おかげさまで満員御礼となりました。皆さんあってのスターキーであります。

今回は記念ということだけじゃなく、実は自分としての新たなチャレンジもあって、気合が入っておりました。まあ、なんつうか、鼻息ブヒブヒって感じで(笑)
新たなチャレンジとは何ぞや?ってのは、あとで検証しつつ述べたいと思いますが、ドラマーとしてなんやかやいつも考えたり工夫しながら演奏に臨んでおります。
画像なんかは「The Starkeyのブログ」に載せましたので、そちらをご参照願います。
ライブ音源をじっくり聴いて、自分のチャレンジの成果を確認するのが楽しみでもあり、ハズレの場合も考えるとちょっと怖い。
演奏の感触は良かったが、後で音源聴いたらガックリ、ということがよくあります。。。
うまくいっていたらいいな。

とにかく、皆さんに感謝です。ありがとう!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

TF8リハでした

2017年06月16日 | バンド
6月16日(金)
今夜もリハ。
ザ・ファンタスティック・エイトでした。






いきなりですが、コンガが壊れてしまいました。。。
練習開始から30分間ほど修理しておりましたが、結局直りましぇんでした。。。

困ったのう。

さらにいきなりですが、しばらく活動はお休みです。
まあ、のんびりしましょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加