駄楽器駄日記(ドラム、パーカッション)

ロッキンローラーの打楽器日記

歯の手入れ

2016年10月01日 | 駄日記
10月1日(土)
今朝は行きつけの歯医者さんへ。
毎年誕生月には、こうして予約して歯の手入れ。
正確には年2回やってます。お知らせのはがきが届くもんで。。。

いつも感心するというか、申し訳ない気持ちになりますが、若い歯科衛生士さんが1時間近く丁寧に歯石を取ってくれます。毎日ちゃんと歯は磨いてますが、半年も経つとどうしても歯石がこびりついてしまうようで、毎回
「しっかり手入れされていますが、奥歯だけは歯石が・・・」と言われます。
結構ガシガシと力強くやってくれて、奥歯ツルツルで気持ちいいこと。

奥歯を丁寧に磨こうとすると、オエってなっちゃうのが悩み。
すると、この歯ブラシをくれました。奥歯専用の歯ブラシだそうです。

明日から試してみるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご褒美

2016年09月30日 | 映画
9月30日(金)
ブログ11年達成を祝しての会話

「お疲れさまでした。ねえ、お祝いになにが欲しいの?」
「そうだなあ、君が欲しい」
「いやんばかん、そんなのいつでもあげるから。それよりほかに」
「そうだなあ、じゃあ映画が観たい」
「あ、いいわね。じゃあ行こ行こ」

てな妄想は置いといて。。。

『ザ・ビートルズ‐EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』の2度目の鑑賞でした。
もちろん一人で(涙)
やっぱり観て良かった。
何度観てもビートルズは飽きない。創作物語じゃなくてドキュメント映像と音楽だもんね。
生きてるジョンに生きてるジョージ。そして生きているビートルズ。
画面いっぱいにほとばしる汗とサウンドと生命。
なんか、最初に観たときより感動しました。
再び素晴らしい2時間半でした。

シェアスタジアムのライブはホントに圧巻。一言で言うと、「本当の本物」としか言えない感じ。
モチロン本当のビートルズですけど、演奏力が凄過ぎる。
どう見ても、モニターなしのあの巨大なスタジアムで、あの完璧な演奏ってありえんでしょう。
上手い。うま過ぎる。ホントにビートルズは演奏が上手いんだってことに改めて感動します。

「いや、あれは録音音源を流してるから」

との情報もありますが、モニターとかヘッドホンもイヤホンもなしで、録音音源に寸分の狂いもなく合わせることができる人間っているのかと。。。
当然オレはリンゴさん中心に見てしまうんですが、「ドンカマ」という概念がなく録音してきたリンゴさんが、何の訓練もなく他の音源にタイミングを合わせられるか?
しかも、スピーカーもヘッドホンもなしで?
オレはやはり違うと思うんですよね。
ポールの言う「一夜にして人気者になったんじゃない」って言葉が心に残りました。
奇跡の天才の4人ですが、下積み時代には苦労して努力を重ね、クラブでは一日8時間も演奏してきたと言います。
これって並みのドサ回りの比じゃあないですよね。まあ逆に言うと羨ましい環境ですけど、いくら好きでも毎日8時間も仕事として演奏を強要されたら。。。
声は枯れるし下手すると、演奏も音楽そのものも嫌いになるんじゃないかと。

まあそんなわけで、ますますビートルズを好きになって帰ってまいりましたが、我らがザ・スターキーのメンバーもこの映画を見まくっておりまして、モーリーは既にオレより先に2回観ているし、他のメンバーも予断を許さん状況。
オレ、既に更にもう一回観たいって思ったりしてるんだよね。。。

ところで、忘れていたんですが今日は金曜日で会員は1,000円で観ることができました。
いつもは1,100円でチケット買ってるのに、なんだかご褒美で100円負けてもらった感じです。

てなわけで、冒頭の会話は映画の女神さまとの妄想ってことにしておきますか(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃじゃじゃ~ん♪

2016年09月29日 | 駄日記
9月29日(木)
実は、今日はですね~、ムフフフなんですよ。
なんだん?
へへへ。

このブログ、今日でちょうど11年が経ったわけですね。じゃじゃじゃ~ん。
おめでとう!
ピュ~ピュ~!
まあ、誰も言ってくれんのであえて自分で言っとるじゃんね(笑)
それにしても、よくもまあ。ねえ~。
11年前の9月30日に見よう見まねで始めたこのブログ。
不定期で書き始めたんですが、いつの間にか毎日書くようになり、今では日々の楽しみになってます。

こんなものでも読んでくださる方がいらっしゃるってことで、続けることができています。
奇特なみなさんありがとうございます(笑)
凹んだときに励ましてくださり、感謝します。


今夜は、久し振りにリハでした。
ザ・スターキーは新曲目白押し。
いよいよ、エンジン全開!へへへ。。。


明日からも頑張ります。ありがとう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日も書けて嬉し

2016年09月28日 | 駄日記
9月28日(水)
ブログの投稿画面を出して、文字を打ち込んでみる。
今日も書きこめた。変換できるとそれだけでただ嬉しい(笑)
しょうもないことだけれど、普通がありがたい。

さて、今日もリハもなくネタなし。
9時過ぎに帰宅し、飯食って風呂に入ったらもう寝る時間であります。
今日は全く余裕なし。

台風18号発生したってね、もう。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶対にって

2016年09月27日 | 駄日記
9月27日(火)
今日はPCがスネずに一発で書き込みさせてくれています。。。気まぐれちゃん(笑)
このところ、とくに昨日までのPCは「絶対に変換してやんないっ」っていう悪意を感じていたんだけど、どういう心境の変化があったんだろう?って擬人化するオレのほうに問題があるのは言うまでもない。。。

そういえば、完全に壊れたはずのエアコンだけど、今日帰宅すると居間が涼しいではないか。
TVの前でごろごろしていた息子に尋ねると「何気にリモコンを押したら直ってた」と言う。いやいや、器械に自然治癒はありえん。
先週までは「絶対に温風しか出してやらん」という悪意しか感じなかったのに、どういう心境の変化か?って擬人化するなって。。。
しかし、完全に諦めるつもりだったエアコンがちゃんと動いてるということは、なにも新品に買い替えなくてもいいかもしれないという希望が出てきたということか。
メーカーの相談センターで、「修理しようにも10年経てば部品もないので」とケンモホロロの対応をされたんだが。。。
広告を見ると、買い替えた場合20万相当の金が要る。もし数万円の修理で済むなら安いもんだ。
もう一度ダメもとでトライすべきだなって、ちょっと思ったりして。。。

オレが勝手に「絶対に」ダメだと決め付けたものが、時間が経つとそうでもないことがある。

ひょっとすると、ま、人生捨てたもんじゃないかも、かな。
明日も頑張るかなと(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PC限界か・・・

2016年09月26日 | 駄日記
9月26日(月)
もう、イライラがたまらんの。。。
ここ2~3日、ブログ書きたくてもどういうわけかちっとも日本語変換できなくなってしまった。
変換しないから英数小文字しか書き込めない。くそっ!オレはニッポン人だっつーの!
かといってブログの編集画面以外では変換するので、普通にグーグル検索とかできるので腹が立つ。
何度も立ち上げ直したり、挙句の果てに再起動したり、ムカついてたまらん状態でやっと入力できた。
もう毎日こうだ。あ~イラつく!
何なのだ。また変なウイルスにやられてしまったのか。。。

ただでさえネタがなくてなかなか書き込めないのに。
あ、そうか。これはネタ用にPCが話題を提供しているのかな?なんちて。。。
そんなわけない。
明日はオレがプッツンしてブログを諦めるかも知れんし。。。

PC買い替える銭などないので、ひょっとこしたらこれが最後になるかも。
所詮オレの数少ないネタ、もう書き尽くした。

バイバイ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

洗濯日和

2016年09月25日 | 駄日記
9月25日(日)
雨の合間の洗濯日和のため、朝からせっせとお洗濯。
ライブのない土日は自分の洗濯当番なので頑張っちゃうんであります(笑)
長雨が続くと下着などは部屋干しで間に合いますが、シーツなどの大物はやっぱり外の風で乾かしたいもんね。
気持ちよく干して、午後から昼寝。年を食ったら昼寝が大好きになりました。。。
平日は絶対できないので、ライブのない休日のごちそう。「そこまで言って委員会」を見ながらウトウトと。最近はあまり番組が面白くなくなってきた気がするなあ。
日が暮れかかってからは、ビートルズ研究。ザ・スターキーの新曲候補曲の研究をする。
ちょっと面白そう。むふふふ、今後のスターキーに乞うご期待。なんちて。

てなわけで、今日はネタなしってわけでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よく降りました

2016年09月24日 | 駄日記
9月24日(土)
今週はずっと雨降り。
今日も朝からけっこうな降りで、傘を差しながらのお墓参りとなりました。
どうも明日はやっと晴れて洗濯日和になりそうですが、残念ながら明後日からまた崩れるとか。
それに、また新しい台風が発生したらしいし、本格的な台風シーズンはこれからという季節なのに、もはやウンザリ。。。
唯一の救いは、宇連ダムの貯水量が一時5~6%だったのが、今では50~60%にまで回復しているとのこと。たぶん、今日の雨でまた増えているのでしょうね。

ところで、9月はバンド活動が多くてリハなども含めると忙しかったんですが、ほぼライブは終了しました。
数えてみるとライブは7本。そして昨日までのリハが8回。なんやかや合わせて昨日までに15日音楽やっていた計算になります。仕事で遅くなって間に合わなかったことも多々ありましたが、とにかく忙しかった。でも何だか全然身に付いていない気もします。。。
演奏って、続けることが大事だなって思います。まあ何でもそうですが、継続こそが力になるんですね。
成長のピークをとっくに過ぎちゃったオレですから、長く休んじゃうといっぺんにトーシロレベルまで落ちるんでしょうなあ。いろいろと思うこともあります。。。

さてと、おまけで昨日のリハの画像でも。

まろっくのリハでした。
若いお二人に引っ張ってもらってます。

ベースのピカソ、転勤でオレと同じ名古屋へ通うことになったそう。
ドラムの鈴木さんは年上なのにいつも若々しい。見習わないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンソロジーでエイト・デイズ・ア・ウィークを聴きなおす

2016年09月23日 | ビートルズネタ
9月23日(金)
昨日「ザ・ビートルズ‐EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」を観た影響で、アンソロジー(The Beatles Anthology 1)が聴きたくなり、通勤時に聴く音源を変えた。と言っても、いつでもビートルズのフルアルバムをヘヴィロテしているんだけれども(笑)
映画の中でもタイトルにもなっている「エイト・デイズ・ア・ウィーク」が流れるシーンがありましたが、そのバージョンは、イントロが「ウ~」というコーラスから曲につながっていて、アンソロジー1に収録されているエイト・デイズ・ア・ウィークでも同じバージョンだったなと思い出し、確認したかったというわけです。
改めて聞き直して、やはりあの3連のフェイドインで始まるアルバムバージョンのイントロは、後で取って付けたものだなと実感したんだけれども、しかしそのアイデアは凄いなと思った。
コーラスで始まるイントロと、あの3連のフェイドインと比べたら、どちらがヒットしたかと想像すると、どう考えても現行のイントロだろうなと思う。
もちろん、現バージョンで世に出て認知された「標準」なのでそう思うんだけれど、「ウ~」で始まるバージョンが「標準」としたならばどうだろうか。魅力は半減しちゃうんじゃなかろうか。
あの3連のイントロとエンディングのアイデアはどこで出たのだろうかと思って聴いていると、アンソロジーの中での演奏で、ポールがサビの部分ではベースを3連で弾いているではないか。
これは想像でしかありませんが、たぶんポールは3連パターンを気に入っていて、録音した後に、イントロとエンディングを差し換えることにしたのではなかろうか。
まあイントロと本篇のテンポの違いなどから見ても、差し替えた或いは付け足したのは明らかでありますが、そのアイデアはやっぱり天才集団の成せる技でありますね。
でも、ひとつだけ謎があります。ビートルズとしては、ライブ活動している時代には一度もこの曲を演奏していないようです。こんなにいい曲なのにと思うんだけれど、そこはライブ演奏向きの曲ではないという認識があったのではないかなと思ったりしていますがどうでしょうか。
これも想像ですが、この編集とか、例によって手拍子を付け足したりしてトラックをかなりいじっているので、演奏曲という概念がなかったのではないのかなと。
でも、2013年のポールのワールドツアーでは、この曲をオープニングに使っていて改めてこの曲がポール自身のお気に入りであるということを証明してくれました。改めて「よかったね」なんて言っちゃったりして(笑)

ところで、「エイト・デイズ・ア・ウィーク」にこだわる理由は、映画のタイトルでもあることももちろんありますが、実は先日ザ・スターキーのバンドリハでの内輪揉めつうか、オレの奏法が間違っていると誤解されてメンバー全員に袋叩きに会ってしまったのがこだわりの理由。結局はオレは間違ってなくて後で謝ってくれたけど(笑)

まあそんなわけでアンソロジーが聴きたかったということですが、1曲目の「Free as a Bird 」は至高の名曲だなあとつくづく思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『ザ・ビートルズ‐EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』

2016年09月22日 | ビートルズネタ
9月22日(木)秋分の日
お彼岸の中日ってことで、皆さんお墓参りに行くのでしょうがあいにくのお天気。朝からけっこう降ってます。
さて、今日は本日封切の ロン・ハワード監督の映画『ザ・ビートルズ‐EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』に行ってきました。
朝いちばんの8:30の回から、我がザ・スターキーのメンバー3人で観ました。
もちろん一人でも観に行くつもりでしたが、モーリーはなんと自宅を6:30に出てきたそうです。すごい根性!

映画はあっぱれでした。
デジタルリマスターのはっきりした音質での大音量、美しい大画面の迫力はやはりすごい。ビートルズがすぐそこに(笑)
9月9日に「ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」が発売されたばかりで、たたみ掛けるようにザ・ビートルズ50周年関連での「掘り起こし商戦」とも言うべき売りまくり作戦が全世界で起こっています。
もちろんそれにまんまと乗っかっている一ファンでありますが(笑)

お客さんはオレと変わらぬアラカン世代のオジサン中心で、朝イチだったので入りは半分くらいかな。
次の回も割引だったので、そっちの方が多かったみたいです。終わって会場を出ると、一見して分かるおっちゃん達がわんさかと切符を買っていましたので。

感想を言うと、ビートルズの古い映像中心とはいえ、やはり映画ってものは映画館で観た方がいいね。
映画の基本であるけれど、これを後でDVDで観たとしても、たかだか4~50インチのTVで音量を気にして小さい音で聴いても感動が違う。
今まで見たことのない写真やフィルム映像なんかもあって、食い入るように見つめた2時間強。
いやあ良かった感動した。隣のミチヤスやモーリーなんかは始めのうちからウルウルしたって言ってました。

英国の小さな町で活動する初期の若いビートルズから、あっと言う間に米国を制覇し世界のトップスターに輝いた驚異の記録とともに、ツアーツアーで疲弊しながらも互いに助け合い励まし合う4人の強力な団結力で乗り切る若者たちの真摯な姿。
行く先々でのインタビュアーの「調子に乗った若者をやっつけようと意図する」意地悪な質問に対して、ふざけているようで絶妙な切り口で応えてきたジョンやポール。例の「キリストよりも有名だ」とされる発言によるビートルズ排斥事件などの回答も、ジョンの口から明確に語られていて感動した。
この映像はオレもちゃんと構成されているものを見たのは初めてでした。今さらながら感動しました。

そして圧巻の最後のライブ映像。
映画が終わったと思って帰っちゃった人もいましたが、帰った人はお気の毒。ここからが凄い。
30分間動けましぇん。おしっこ我慢しましょう!!
つか、これ以上言えましぇん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加