へてきちBLOG

一口馬主ライフを満喫。

2017年2月のまとめ

2017年03月05日 | 競馬(一口馬主など)
2月は8戦も出走がありました。こんなに走っていたっけ?という感覚ですが戦果は上々。ネオリアリズムが重賞2勝目をあげて、再びG1戦線に向かいます。一方でノーブルリーズンは引退となりました。

■2017年2月
8戦 2-1-0-5
本年通算 
13戦 3-1-2-7

■出走リスト
パルナッソス     未勝利 11着
アップクォーク     飛鳥S 2着
ノーブルリーズン   500万 7着
スティーマーレーン あすなろ賞 4着
ストレンジクォーク 1000万 1着
クローディオ    500万 10着
ノーブルリーズン  500万 13着
ネオリアリズム   中山記念  1着

■ストレンジクォークが順当勝ちで準OPに再昇格。これで関東牡馬準OPクラスに3頭が在籍という形になっています。芝の1600~2000が守備範囲で、いつ当たっても不思議ない状況。次はサーブルオールが中山マイルで走りますが勝ち上がれないと次あたりはどこかで当たりそうですね。つぶしあうとかじゃなくて、早々に突破してもっと上で戦って欲しい馬達です。

■ネオリアリズムは中山記念を勝って次は大阪杯か香港かの2択。いずれもG1ですが、中山記念の勝ちっぷりはパワーアップを感じさせましたし、是非ともタイトル奪取をお願いしたいです。血統的に6歳7歳に強くなるタイプですし、ここまで大事に使ってきて上昇カーブを描いてきていると思います。

■クローディオはまだ気性が良くなっていないですね。前回は鞍上と喧嘩して競馬にならず。うまく乗れば脚力はボチボチあるのでまだやれると思っています。去勢効果はあと2戦くらい見てからですね。

■ノーブルリーズンは最後にダートを2戦して終了。この馬に関しては陣営に失望です。思えば3歳時に函館で2勝目を上げた後、意味不明の小倉転戦。あれからおかしくなりました。素直に北海道の滞在競馬で次に向かっていれば違っていたでしょう。明らかに不向きな移動競馬をわざわざさせて何やってるんだかと思いました。その後は、厩舎も間もなく解散の時期にきて成績も急降下してますからね。ダローネガが心配ですよ。

■3歳勢は最悪とまではいきませんが近年の出資世代と比べるとかなり残念な世代になりつつあります。母優先馬が軒並みデビュー出来ずに引退が続き、頼みの綱はエルデュクラージュ。2歳勢のデビューが待ち遠しいです。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネオリアリズム、重賞2勝目!

2017年02月27日 | 11産出資馬
ネオリアリズムがやってくれました。中山記念を制覇で重賞2勝目です。
絶好調のミルコの好騎乗もありましたが、馬の力もありますね。札幌記念にしてもマイルCSにしてもフロックではないですし、これでそれが証明出来たでしょう。

この血統、とにかく年齢を重ねて上級クラスで頑張ってくれる晩成血統です。ネオリアリズムも大事にここまで使われてきて、いよいよ本格化の時を迎えつつありますね。昨日の勝利で賞金の心配はする必要が無くなりそうですし、この春、さらなる高みを目指して挑戦が続きます。

次の矛先はドバイ、大阪杯、香港の3択ということです。まずは状態を見てからということですが、騎手手配がとても重要な馬です。ムーア、ミルコ、ルメール級の騎手が確保出来るところに行ってほしいですね。まずは今週の続報を待ちたいですが、どこに行くにしても次はG1チャレンジ。総合的な判断で一番勝てそうなレースを選択してくれるんだと思っています。是非ともG1タイトルを取って貰いたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレンジクォーク快勝!

2017年02月19日 | 12産出資馬
府中でストレンジクォークが快勝。
人気に応えて順当勝ちですが、ずっと順当勝ち出来ずに苦労してましたから、ようやく勝ったか、という感じですね。

今日はルメールは最初から後方待機を狙っていた様ですが、しっかり勝ちきってくれるのはさすがです。

この後どうするかですが、番組を見ると適鞍にハンデ戦が多いのが気になります。準OPで実績があるので斤量が重くなっちゃいそう。中1週で定量のスピカSはないかな。間隔的には昨年2着の常総Sでしょうか。

これでストレンジクォーク、アップクォーク、サーブルオールの関東牡馬3頭が準OPで並びました。距離適性が似ていてマイルから2000でカブるので、どこでガチンコになるか
ハラハラです。うまくばらけて欲しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2歳馬状況

2017年02月15日 | 15産出資馬
2月中旬の更新を受けて。

■フラットレー
456k(+8k)ハロン16秒2本週2回。極めて順調。調教の動きの良さを毎回褒められています。他の2歳馬の更新を見ても褒められ方はトップクラスですね。今のところ課題的なコメントがほとんど出てきていないのですが、一様にそういうコメントが他馬にもされているというわけでは無さそうです。体重はじわり増加。これもいい傾向。

■ヴェスティード
512k(+11k)トレッドミルにペースアップ。1月中旬にフレグモーネ発症とあって、そこからの回復が遅いですね。あまり軽度では無かったのでしょうか。体重はこの時期ですし運動出来ていない状況ですから仕方ない。軌道に乗って来るのを願うばかり。

■シーリア
467k(-2k)ハロン16秒1本週2回。極めて順調。血統面、調教面で毎回期待値の高そうなコメントを貰っています。他の看板良血馬を見回しても、こういう褒められ方が必ずされているわけでもなさそうです。期待しています。

■メールドグラース
447k(+11k)ハロン15秒1本週3回。極めて順調。やはり前回書いた通り3カ月据え置きだった体重がここで増加して来ました。遅生まれでやり過ぎだけ心配、と思っていますが、今のところはそんな気配も無さそうですね。体力が先に追いついてきてくれればとても良い感じになりそうです。こんなに遅生まれの馬がドンドン進められているのはあまり経験が有りません。期待値が高まっています。


ヴェスティード以外の3頭が平均をかなり上回る期待をさせてくれる順調度で、今年の2歳はとても楽しみです。どれも早期デビュータイプではないと思っていますが、調整の進んでいるメールドグラースあたりは夏デビューもあるかもしれません。ここからの数カ月が大事なので、全馬うまくいってほしいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月のまとめ

2017年02月11日 | 競馬(一口馬主など)
1月から初勝利がでてまずまずの出だしとなりました。

■2017年1月
5戦 1-0-2-2

■出走リスト
エルデュクラージュ  500万  3着
ストレンジクォーク  1000万 8着
ダローネガ      障害OP  3着
スティーマーレーン  梅花賞   6着
エルデュクラージュ  500万  1着

■エルデュクラージュがここで2勝目。今年の3歳はこの馬が今のところ一番頑張ってくれています。次は伏龍Sとのこと。中山に来てくれるなら応援に行きたいですね。

■2月はすでにスタートしています。今日はアップクォークが準OPで2着。改めて力のあるところを見せてくれました。それでもこの先は色々かみ合わないと勝っていけなさそうです。今日は相手が強かったので仕方なし。次がどこになるか、中山で走るとなるとサーブルオールと当たりそうですし、来週ストレンジクォークが勝ち上がれば兄弟対決も現実味を帯びてきます。関東馬で芝の適性距離がカブっているのでガチになる日がいつか来るでしょう。あまり条件戦ではカブって欲しくないですね。

■今週は明日ノーブルリーズンが小倉を予定。今回初ダートですが結果が出ない様だと進退がかかって来るのも近いでしょう。明後日に順延になった小倉でさらにスティーマーレーンがスタンバイ。こちらはここで力だめしです。出世していくにはひと押し足りないレベルに感じていますが、前回は体重が増えていたことに光明があるかも。今回少し絞れて成長があれば。

■来週以降はストレンジクォークの1000万戦。クローディオの去勢後の復帰戦。ネオリアリズムの中山記念。こんな予定が出ています。それぞれ楽しみがありそうです。3月以降にかけてはサーブルオール、ピンクブーケあたりが復帰してきそうな雰囲気。やはり出走数が増えてくると楽しみも増えますね。

■2歳勢の名前が決まりましたが、やっぱり今年も採用無し(笑)狭き門ですね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加