四季のつれづれ

移りゆく季節の中で感じる喜び・・・

三重県 蓮川上流の滝

2017-07-11 11:57:38 | おでかけー滝
高滝へ行く道はとにかく歩くのに専念したため、写真は撮らずに…
でも帰り道は行きより厳しい状態になって写真どころではない。
なんとか撮った写真を何枚か…
高滝から流れ落ちた水はこの蓮川に表情豊かな滝をあちこちに作っている。




そうそう、この看板を見た時はうれしかった~
ここに来る前は、左の風折の滝にも行けたら行こうと言っていたのに…
とてもそんな元気はないし、木や背丈以上に伸びた草などによって
道さえも定かではない。


途中には名前を付けられた名所も…
これは六曲屏風岩。


足元を見ればきれいな流れ。


行く時は、この滝を見たから帰ろうかと思った蛇滝。


そしてこの川に流れ込む滝もあちこちに。




やっとここまで帰ってきた~~


ここは渓谷入口から少し入ったところ。
この辺りから、なにやら歩くたびにペタペタ音がする。
靴底を見ると、右側の靴の底の接着剤がはがれて半分剥がれている。
ここまで帰ってきていてよかった~~
何年か履いている登山靴。
よくぞここまで持ってくれたこと。

道中は大変だったけれど、いろいろな滝を見れたことはうれしかった~
我が家にとってはかなりのアドベンチャーだったなぁ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三重県 蓮川上流高滝 | トップ | 誕生日♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おつかれさまでした。 (ke-n)
2017-07-11 15:10:58
hetappyさん、こんにちは。

ああいう道を歩くには、「慣れ」が大事なのかもしれませんね。
慣れれば、滑るところ、滑らないところがある程度わかりますし、身体のバランスなども身に付いてきます。
千尋の滝への道も同じようなものではなかったですか?(笑。

でも、よくぞ滝まであきらめずに行かれたものです。
滝が見えた時は感動されたことでしょう。
風折れの滝は、高滝のように整備された道がありませんので、まず無理です。
ke-nさん (hetappy)
2017-07-12 10:55:51
ふふ、無理!と言われちゃったぁ~
確かにどこが道なの?って思うくらいの分岐点でした。
はい、肝に銘じて絶対行きません(笑)

もうすぐ古代より稀なりと言われる年代にさしかかろうという私。
これからは歩きやすいところ、行きやすいところを探していきたいと思います。
怪我をしていては元も子もないですものね。
でもある意味で、とてもいい勉強になった今回の滝めぐりでした。
Unknown (スターアニス)
2017-07-13 12:01:44
写真が撮れないほどの余裕の無さ・・・それ程、足元の厳しさが想像できます。

苦労して得られた感動は、良き思い出にいつまでも残るはず。
無茶はダメでも少しの無理はOK 。この心意気で・・・頑張りたいものですね。(かく言う私は、諦めておりますが・・・)

スターアニスさん (hetappy)
2017-07-14 11:36:53
いいにつけ、悪いにつけ今回は勉強させていただきました。
きっといつまでも忘れられない滝となるでしょうね。
もう無茶はやめといたほうがいいですねぇ~
今回は怪我もなく、帰ってこれましたが、滑落も多いと聞きました。
冒険心は持ち続けたいと思っているんですけどねぇ(笑)
写真散歩 (友さん)
2017-07-19 16:15:45
こんにちは

素晴らしい渓谷、涼を呼びますね
涼しい気持ちになって見せて貰いました
友さん (hetappy)
2017-07-20 12:01:36
ありがとうございます。

素晴らしい渓谷だったのですが、私たちには難度が高かったようです。
汗みどろになりながら、何度も冷や汗もかきました

コメントを投稿

おでかけー滝」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL