四季のつれづれ

移りゆく季節の中で感じる喜び・・・

宇治市植物公園 温室の花々

2017-03-21 11:54:02 | お出かけー京都府
宇治市植物公園に行きたいと思ったのは、先日行ったけいはんな記念公園で
このポスターを見たから…


18日から枝垂れ桜の夜間鑑賞ができるとのこと。
まだ桜には早いと思ったけれど、早咲きかもしれない。
行ってみよう~となったのだけど…
今日はまず植物公園の温室からご紹介。

駐車場に車を停めるとまず出迎えてくれた春の花々。


フラワーブリッジを通ってさぁ行ってみよう。


公園受付では枝垂れ桜が!


入園料は大人500円、小中学生は250円
ちなみに駐車料は普通車400円

順番通りに回ると、まずは温室。
入ると数々の蘭が迎えてくれる。


初めて見る蘭も…

ロウソクラン


これ以外にも変わった蘭がありました。
水辺もきれい。




熱帯植物のいろいろ。
カリマンドラ


カカオの実も


オオホウカンボク


ヒスイカズラの蕾


たくさんの蘭や熱帯植物、堪能させてもらった。
温室を出て、植物公園に~

フラワーブリッジを渡ってすぐ目についた「花と水のタペストリー」
間近にやって来た。


幅62メートル、高さ18メートルの壮大な雛段に
3675基のプランターを並べて描かれている。
今回はクジラ。

下の方は回廊になっている。


夏には子供たちが水遊びを楽しめそう。
さて次は花木ゾーンへ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京田辺市 酬恩庵(一休寺) | トップ | 宇治市植物公園 河津桜満開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL