へそ曲がりおじさんの花便り

辛口のブログ「へそ曲がりおじさんのひとり言」の姉妹版で
私の趣味である「花作り」の記録を兼ねています

安かったので連れ帰って来たが・・・・   追記します   再追記です

2017-07-17 03:19:44 | アガベとサンセベリア



普及品種だらけの安い多肉植物の中に紛れ込んでいたのだが・・・・。

安いだけあって、品種名は書いてない。



が・・・・。

ヒョットすると・・・・。



日比谷公園に行くと見られる、あの巨大な「リュウゼツラン」の子供かも・・・・。


小さな鉢でいじめて栽培すれば、あのような巨大な姿にはならないが・・・・。



斑の入っていない「アオノリュウゼツラン」は持っているが、そこそこ大きくなる。


この後どう変わってゆくのか・・・・。

2016.01.31.




追記です

「アオノリュウゼツラン」とは「青の竜舌蘭」のことです。

一般的には、斑の入っていない原種のほうが先に導入され、斑入りは後からになることが多いのだが、竜舌蘭の場合は逆で、斑入りのほうが先に「リュウゼツラン」と言う名で普及をしてしまい、後からやってきた斑のないほうは、仕方なしに「アオ(青)ノ」と名付けたのだとか。



今のところは少し大きくなった程度で、まだ手を焼くほどにはなっていません。

2016.05.16.





再追記です。

やはり、巨大になる「リュウゼツラン」のようで、植え替えはまだしていないが、だいぶ大きくなっています。

肥料などやっていないし、よく日にも当てている。

元々が巨大になる種類なので、それでも少しずつ大きくなるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エケベリア・レインドロップ... | トップ | 元気がよすぎて困っているが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アガベとサンセベリア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。