グルーヴであなたのビジネスは加速する

グルーヴであなたのビジネスは加速する

eclipse が起動しない場合のトラブルシューティング

2016年12月24日 12時27分06秒 | 日記

eclipse をアップデートしたところ、起動しなくなりました。
スプラッシュ・スクリーンが一瞬表示されたあと応答がありません。

こんなときのトラブルシューティングは、コマンド版の eclipsec.exe を使います。

コマンドプロンプトを開き、コマンド版 eclipse を起動します。
eclipsec.exe -debug -consoleLog

eclipse.ini から起動パラメーターをロードしていることがわかります。

今回のケースでは
Error occurred during initialization of VM
Could not reserve enough space for 1048576KB object heap

と表示されていました。

JVM がヒープメモリを確保できずに停止していたようです。
eclipse.ini の -Xmx1024m を -Xmx512m に減らしたところ解消しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VMware 仮想マシンで BIOSセ... | トップ | VLC で動画を回転する方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。