グルーヴであなたのビジネスは加速する

グルーヴであなたのビジネスは加速する

ブラウザ別クリップボードへのテキストデータ保存法

2017年06月10日 20時25分48秒 | 日記

IEは、clipboardData オブジェクトのsetDataメソッドを使用します。

 

ChromeやEdgeは非表示のテキストエリアを別に設けておき、document.execCommandメソッドを使用します。

 

【参考】

<script>

function SaveToClipboard() {
    // user-agent header からブラウザーを判定
    var isEdge = (navigator.userAgent.toLowerCase().indexOf('edge') > -1);
    var isChrome = (navigator.userAgent.toLowerCase().indexOf('chrome') > -1);

 

    // マイクロソフトEdge、グーグルChromeの場合
    if(isEdge || isChrome) {
        document.dummy.focus();
        document.dummy.select();
        document.execCommand("copy");
    } else {
        var element = document.getElementById("data");
        if (element.value) {
            clipboardData.setData('text', element.value);
        }
    }
}

</script>

<textarea id="data" name="data">テキスト・データ</textarea>
<textarea id="dummy" name="dummy" style="width: 0px; height: 0px; position: absolute; top: -100px;">テキスト・データ</textarea>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Gmailで受信した添付ファイル... | トップ | 「鬼十則」(昭和26年制定) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。