グルーヴであなたのビジネスは加速する

グルーヴであなたのビジネスは加速する

Eclipse 開発環境下での Tomcat class ファイル オート リロードの設定

2016年12月24日 13時10分35秒 | 日記

サーブレットを開発しているとき class ファイルを変更する度に Tomcat を再起動しているのでは効率が悪すぎます。

 

Tomcat が一定間隔で class ファイルの変更を監視し、変更があれば自動的にリロードするように設定を変更しておきしょう。

 

Eclipse のワークスペース内の Tomcat サーバーのディレクトリにある server.xml をテキストエディタで開きます。

 

例)
/workspace/Servers/ローカル・ホスト の Tomcat vX.X サーバー-config/server.xml

 

Webアプリケーションが登録されているタグを見つけ、reloadable="true"を追記します。

 

<Context path="/MyWebApp" docBase="MyWebApp" debug="0" reloadable="true" />

 

Tomcat再起動で設定変更が反映されますカナヘイうさぎ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Java マニフェストファイル(... | トップ | コマンド プロンプト にフォ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事