名前はまだ無い

三日坊主ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AERAに電話してみた

2008年04月16日 | ねこ
AERA4月21日号に「靖国」監督120分インタビューが掲載されていた。
120分の割には1頁のみの記事だし、実際の監督の発言部分も少ない。
その記事に刈谷さん夫妻へのインタビューがあった。インタビュー内容はこれまで各種メディアで伝えられてきたことと真逆の反応。
しかし本来1頁の監督インタビュー記事なのに夫妻の取材に高知まで行くのだろうか。

以下引用。
=================
改めて刈谷さん夫妻を訪れ、話を聞くと、たしかに妻は、
「夫が作る美術刀剣の撮影かと思っていた。(作品を見た感想は夫と)全然違う。私は暴力や血がいやなので、この映画に主人の映像は使わないでほしいと監督さんたちに言ったことがあります。 でも主人は、監督と助監督が作品を見せに来たときも、黙って最後まで見ていました。」
と話す。一方、口数の少ない刈谷さんは次のように答えた。

――靖国神社に関する映画への出演だと知っていましたか?
「知っていた」
――作品を見て問題があると思いましたか。
「思ってないね」
――監督に自身のシーンの削除を求めたことは?
「ない」
――今後削除を要求しますか。
「いや」
================

>「夫が作る美術刀剣の撮影かと思っていた。(作品を見た感想は夫と)全然違う。私は暴力や血がいやなので、この映画に主人の映像は使わないでほしいと監督さんたちに言ったことがあります。

AERAによるこの( )の補い方は意図的にミスリードを誘う誘導だろう。自然に読んだら

「夫が作る美術刀剣の撮影かと思っていた。(が、)全然違う。私は暴力や血がいやなので、この映画に主人の映像は使わないでほしいと監督さんたちに言ったことがあります。

と読めるはず。
それ以外の部分も推して知るべしだろう。AERAの記事。
高知新聞や毎日新聞、NHK、朝日新聞までもが刈谷さんに取材して、有村議員の裏は取れてる状態なのに、AERAの主張だけが違うのはなぜか。

★ ★

そこでAERAに電話してみた。電話番号はマスコミ電話帳にあった。

4月16日20時ごろ
「はい、朝日新聞です」あれ、AERAではないのかな、と思ったら、AERAへは朝日新聞から取次になるとのこと。
編集部に回してもらい、記事を書いた田村記者につなげていただく。
ひ「刈谷夫妻を訪れたとの記述がありますが、監督が訪れたという場面ではなく(記事はそうともとれる微妙な言い回しだった)、AERAさんが実際に高知に出向いて取材をしたのですか」
田「私が実際に出向いて取材をしております」
ひ「「改めて刈谷さん夫妻を訪れ話を聞くと」との記述がありますが、高知には2度取材に出向かれたのですか。
田「いえ、一度だけです。分かりづらくてすいません」
ひ「刈谷さんの発言が短かくてそっけないようですが」
田「実際は長いインタビューで、それを短く切りました」
ひ「他の報道機関の取材、高知新聞や毎日新聞、NHK、朝日新聞での刈谷さんの主張がAERAさんだけ真逆なのはなぜですか」
田「実際にそれらの(高知新聞や毎日新聞、NHK、朝日新聞)取材現場に居合わせたわけでないので分からないですが、私の取材では夫妻はたしかにそういっていました」
ひ「取材時期はいつですか」
田「先週の後半、木曜日前後かな(4月10日)」
ひ「ありがとうございました」我ながらつっこみが足り無いなあ。

うーん、マスコミ各社の取材や、本人出演の動画が示すものと、AERAの取材だけが違うのはなぜだ。長いインタビューを短く切った(トリミング)というところがミソか?

記事に「有村氏が「刈谷さんに確認をとった」とする「削除の要望」は、どこからでたのだろう」とあるが、刈谷さん本人の口から出たというソースが以下のようにあるのだが……。ああ、いかんそれを突っ込めばよかった。だれかAERAに突っ込んでください。

毎日新聞
2008年4月10日 22時09分(4月11日 1時27分)
> 刈谷さんは毎日新聞の取材に「映画は刀作りのドキュメンタリーと聞いていた。 李纓監督はもう信用できない。出演場面をカットしてほしい」と話した。

NHK
 4月11日 0時12分
>今月の公開が中止となったドキュメンタリー映画「靖国YASUKUNI」で出演している刀の職人が、「事前に聞いていた内容と違う」として、映画から自分の映像を削除するよう求めていることがわかりました。

朝日新聞
(2008年04月10日)
>朝日新聞の取材に、「思っていたのと違う趣旨で映画が作られていて、『靖国問題』に巻き込まれてしまった」と話し、出演場面の削除などを希望した。

(動画)
映画「靖国」出演の刀匠と仲介者が訴える、出演部分削除! 「助監督に騙された」
一切同意できません。裏切られたような気持ちです(刈谷さん談)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さて、善光寺に電話してみるか | トップ | 総菜メモ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
AERAは (スナギモ)
2008-04-17 14:26:11
中吊りの一番下の行を読むだけでよいのです。
背筋が冷たくなるので (ひらりん)
2008-04-17 22:26:53
却下。
肉体的にはオヤジ領域ですが、ゴーストがささやくのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おかしなことになってきたぞ、映画靖国 (札幌生活)
なんとか上映されることになった靖国であるが、ここに来て別な動きが出てきた。重要な出演者の刈谷さんが自身のシーンの削除を求めたからだ。