寝台自動車に乗って

キャンカーに乗って3年目、こんな自由気儘な生活が有るなんて。

37日目(さんま祭り)

2016-09-17 21:00:00 | 旅行
今日は「根室さんま祭り」に、又々、昨日合流したTご夫妻と一緒に行ってきました。

サンマは無料配布されるのですが、割り箸と白いトレーは100円で購入するシステムになってます。

会場は盛況で、開場前から長~い行列が出来ました。

沢山用意された座席も空席を探すのが大変な有り様です。

幾つかのイベントの中に「さんまつかみ取り大会」(一回 500円 箱代込み)と云うのが有りました。

この時期としては珍しく日中気温13度と云う寒い中、腕まくりして、タップリの氷水でキンキンに冷やされたサンマの箱の中に両手を突っ込んで掬ってました。

一方、長い行列に並んでトレーと割り箸を購入した後、2人分のさんまを焼きました。


皆さんは、考えなくてかそれぞれ自分達で焼くに決まってると思われるでしょうけれど、私は初めてでしたから、まさか自分で焼くとは思って無かったんです。

まぁ、魚を焼くのもズブの素人には難しく、身の中まで良く火が通ってませんでした。

それでは、この次にはシッカリ火を通して焼いてくるぞ!と再チャレンジです。

今度は良~く焼こうと思い、炭の火力の強い所を探して焼き始め、頃合いを見てそぉ~っと裏側の焼き具合を見ると、こんがり焦げ目が(^_^)v

余裕しゃくしゃくとして魚焼きをやっていたのもソコまで!

今度は火力が強すぎて、焼けた魚をひっくり返すのに短い割り箸では火傷しそうなんです。

炭火と格闘し、こんがり焼き目の付いた二匹の焼き魚を持って帰ると、これが良くできたミディアムレア😅✌

奥様は「それは新鮮だから刺身でも食べられるでしょうけれど私が焼いて来るネ」と言って、血のしたたるミディアムレアのサンマを残してテーブルを立ったのでした。

残された二匹の焼きサンマには、何の落ち度も無い訳で、製造責任者として責務を全うすべく、私は二匹のサンマを食べたのです。

都合、三匹の焼きサンマが私の胃の中に入りました。

そこにTさんのご主人が、美味しそうに焼いたばかりのサンマを三匹持ってこられて、一匹どうぞと勧めてくれるものですから、それは有り難く頂きました。

食べ終わると、今度は奥様が、これ又、上手にサンマを焼いて来てくれたものですから、これ又、美味しく頂いたのでした。

さて、私は何匹の焼きサンマを食べたのでしょうか?(泣)

なまら食べ過ぎだべ!

話は変わりますが、今日の根室の気温は次の通りとても寒い上に風も強かったので、体感気温はもっと低かったと思います。

そんな後には、温ったかぁいお風呂ですネ

尚、本日も泊まる所は昨日に続き「根室総合運動公園駐車場」です。

さんま祭りが終わる頃、公園からお祭り最後のイベントの花火が見えました
 \(^o^)/
楽しい1日でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 36日目(ナビ検索不能場所) | トップ | 38日目(ダブルヘッダー) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。