寝台自動車に乗って

キャンカーに乗って3年目、こんな自由気儘な生活が有るなんて。

21世紀の森の暇人 そのⅢ 贅沢な時間

2017-05-05 19:20:00 | 旅行
21世紀の森に来てから5日目です。

21世紀の森も、ふれあい広場には20パーティー位来てるそうですが、総合案内所前の「キャンピングカーほっとステーション」に泊まる車は2~4台位で、キャブコンは今まで私の他に1台だけでした。

しかも、皆さん1泊で帰ってしまいます。
遠い国の話ではゴールデンウイークとか言って、凄い人出だそうですが、ここに居ると、それはドラマか何かの話じゃないかと思われます。

その静けさだけで気持ちが穏やかに成ります(^_^)v

管理人の方に住み着いたら?と言われました(爆)

この時期に北海道でも30℃を超えました。
日中は暑い位ですが、朝晩は寒いですし、21世紀の森の道路沿いには、まだ残雪が有ります。



さて、そんな所に居る訳ですが「そこで、何してるの?」と云う質問が有るかも知れませんので、お答え致しておきます。


答は簡単です、何もしていません。

夜早く寝るから、朝早く目が覚め、コーヒーを淹れます。

テレビでニュースとドラマを観て、朝食です。

それきりテレビは観ません。

朝食後は自由時間になり、朝寝をします。

朝寝から目覚め、パークゴルフをしたりしてると昼食になります。

午後も自由時間ですが、別に何をするでも無く、外を見てたり、おやつタイムで煎餅かナッツを頬ばりながらコーヒーを飲んだりしております(^_^;)

適当な時間にキャンプ場内に有る無料の温泉「森の湯」に入って、ノンビリしてると夕食になります。

夕食を頂くと、何もする事が有りませんから…寝ます(笑)

「何もしないことが何よりの贅沢」 そんな何もする必要の無い生活を楽しんでる訳です。


ところで昨日、奇しくも旭川市の郷土史研究家のSさんとキャンプ場でお会いして、いろんな北海道の開拓史やアイヌ伝説の話を聞かせて頂きました。

勿論、出ましたよ!「樺戸集治監」の話です。

そして、北海道にも「埋蔵金脈」の話が有るそうです(^_^)


-
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 21世紀の森の暇人 そのⅡ | トップ | 歯がしみるぞ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。