寝台自動車に乗って

キャンカーに乗って3年目、こんな自由気儘な生活が有るなんて。

更科源藏さんって?

2017-05-25 20:30:00 | 旅行
今週の月曜日に寄った時は残念ながら定休日だったので、今日、再びやって参りました。

JR摩周駅前の店です。
只ただ、豚丼を食べに来ました(笑)


食後、再び「道の駅摩周温泉」に戻り、インフォメーションセンターで弟子屈町の日帰り温泉のプリントを貰いに行くと「更科源藏文学資料館」のパンフレットを見つけました。

それは、今年の5月3日に「旭川市21世紀の森」でお会いした郷土史を研究されている旭川市のSさんに薦められた「アイヌ伝説記」と云う本の著者名で記憶に新しかったのです。

これも何かの縁と、行きましたよ(^_^)


そして、「更科源藏文学資料館」が有ると云う「釧路圏摩周観光文化センター」へ行きました。

昼時でしたので、入口から出て来た数人のサラリーマンの内の一人が「まだまだ混んでるよ~!」と、気軽に話し掛けながらすれ違ったのです。

呆気に取られましたが、すぐに状況を理解しました。

釧路圏摩周観光文化センターの中に有る店の話しです。
↓これが入口


お店は↓こちら


満席でした(((((゜д゜;)))))
今度はココだな!

おっと、話が逸れちゃいました(笑)

目的はこちらです。


知れば知るほど、凄い人だったのですね。

著名人からの葉書や手紙も展示されてました。

記憶に有るだけでも、
高村光太郎
草野心平
中原中也
室生犀生
伊藤整
川上澄生
その外、肩書きを見ると素晴らしい人達からの書簡が展示されてました。

「原野の詩人」と言われてたのですね。



-
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ささやかな計画 | トップ | 今夜は(^_^)v »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。