庭物語

庭に咲くハーブや草花の様子を綴ります。
管理者はミントです。

しあわせのパン

2012年09月04日 | 

午後から黒い雲が空を覆ってずっと雷鳴が聞こえていました。
雨が降り始めたのは午後6時半頃からでしょうかね。
今もそれほど雨足は強くないですが降っています。大雨洪水警報が県内に出されています。
ほどほどのところで止んでくれるといいのですけど。

少し前にブログのお友達の雅♪さんがDVDで「しあわせのパン」を観て私の小さなカフェを思ってくれたというコメントをしてくださいました。
この映画は確か今年のはじめ頃に映画の予告をテレビでみて観たいなあと思っていたけどいつのまにか忘れてしまって・・・雅♪さんのおかげで観る事ができました。

レンタルで観た後本も読んでしまいました。

北海道の洞爺湖近くの月浦でカフェを営む若い夫婦とそこを訪れるお客様のみなそれぞれに違ったドラマが語られます。

映像からはカフェの大きな窓から見える素敵な眺めやカフェのシンプルな造りとリネンやコットンの清潔でナチュラルなエプロンや洋服など本では感じられない視覚からの刺激が。
水嶋君が焼く天然酵母のカンパーニュ、そのほか色々なパンもとてもおいしそうだったし、
りえさんが淹れる深入りコーヒーも飲んでみたい・・・(結局は食い気?)

本では映像ではわからなかった細かな事情や心の動き、情景の細やかな描写がよく伝わりました。
本の最後のページにはりえさんがずっと大事にしていた絵本「月とマーニ」が付いています。
絵本の方もとてもいいお話でジーンときました。


秋に近づいて夜の時間が長くなってきます。
映画が先か本が先か・・・それはご自由に(両方鑑賞することをお勧め)。
どちらも淡々と語られるので疲れずに観たり読んだりがあっという間ですよ。
なんだかほっとするストーリーでした。

雅♪さんありがとうございました。

それからもうひとつ

少し前に読んだ本を


あの「食堂かたつむり」を書いた小川 糸さんの「つるかめ助産院」

沖縄の離島のような場所を舞台に東京からやってきた若い妊婦のまりあさんと助産師のかめこ先生を中心に島の人たちが織り成す感動のドラマ。

実はこれ先週からN〇K総合で全8回シリーズでドラマが始まりました。
私は本を読んだ後忘れていましたが夫がテレビのチャンネルを変えてふと気がついた次第です。
1回目の最後の方だけみたので再放送でみました。
今夜10時から2回目の放送があります。

やはり本とは多少設定が変わっていますが見る価値あり、と楽しみにしています。
みなさんもよかったら見てみてはいかがでしょうか。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな記念日 | トップ | かぐらなんばん(神楽南蛮) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ANKO)
2012-09-04 23:03:56
つるかめ助産院、ちょうど義妹からおすすめテレビ番組とメールをもらったところでした。
で、彼女に最近見たDVDで「しあわせのパン」のことをメールしたんです。

どちらも ミントさんにもシンクロしていて
嬉しいです。なんだか不思議。
Unknown (chatora)
2012-09-05 19:32:55
お久しぶりです
三重県からメールします
春休みはありがとうございました
あの時買った紅茶はすぐなくなってしまいました


偶然ですが私も最近『しあわせのパン』を見たばっかりだったので嬉しくなってコメントしました。
ママは映画に影響されて原田知世の髪型にしてしまいました(笑)
(ちなみに食堂かたつむりのDVDも観ました)


宮城に行った時はまたお邪魔したいです
ANKOさんへ (ミント)
2012-09-05 21:30:53
こんばんは。
こちらこそうれしいです♪
「しあわせのパン」も「つるかめ助産院」も・・・同じものをみているんですね。
南昌荘も大好きって仰っていたし何だか波長が合うような気がしています。

お勧めがありましたら教えてくださいね。
chatoraさんへ (ミント)
2012-09-05 21:42:05
こんばんは~
お久しぶりです。
遠くからこうしてまたコメントいただけてうれしいです。
楽しい夏休みを過ごせましたか?

ハーブティー気に入っていただけたようでよかった♪

きゃ~、chatoraさんも『しあわせのパン』や食堂かたつむりをみたんですね。
うふふ、ママさん髪型をりえさん風にしたのですね。
私は歳なので気持ちだけにしておきます
何だか好みが似ていますね。
「西の魔女が死んだ」はみましたか?
映画もいいけど本もいいので時間があるときにでもどうぞ。

また長い休みに宮城に来たときはぜひ遊びに来てくださいね。お待ちしています。
前もって連絡いただければお席をとっておきますから

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
足を食べる息子 (いちちゃんの風)
とうとう足まで入れるようになった。