庭物語

庭に咲くハーブや草花の様子を綴ります。
管理者はミントです。

棕櫚(シュロ)

2016年12月28日 | ガーデニング
午前中は穏やかでしたが午後には風が出て寒くなりました、気温は3度まで。


庭のそばに植えている棕櫚(シュロ)の実が黒くなりました。寒くなる前はグリーンできれいだったんですけど。


実生苗をいただいて植えてから20数年。雌雄異株で雄花が咲いて実が生らない株と雌花からこういう実が生る株があります。

庭のバラの実がほとんどないのでこれから野鳥たちは(特にヒヨドリ)この実を食べて種を庭中に落とすんです。
抜くのが大変。特に見張り台の桜の木の下にはてんこ盛り。


こちらはぜんぜん肥料分がないところ、あまり大きくないです。
これだけあると古い葉を切るのがけっこう大変ですよ。
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霜の朝 | トップ | 球根の小さな芽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL