庭物語

庭に咲くハーブや草花の様子を綴ります。
管理者はミントです。

伊豆沼の蓮 花のあと

2012年10月22日 | お出かけ

朝は3度、日中は20度くらいまで上がって暖かくなりました。

昼過ぎに出先から帰るときに伊豆沼の近くを通ったので思いついて8月に蓮の花を見に行った場所へ寄ってみました。













沼一面に広がった蓮、蓮。
寒くなってきたのでもう茎や葉が枯れ始めています。
蓮の実も首を下に向けて種を水に落とす仕掛けになっていてうまくできているものですね。

花もきれいなみどりの葉も無いけれど何だかジーンと胸に迫るものがありました。
きっとこの間ぴぴんさんのおかげで見ることができた番組
『TOMORROW beyond 3・11』のことが心に残っているせいかもしれません。

立ち去りがたくずっと眺めていたい気持ちでした。
もっと寒くなるとさらに沼は様子が変わります・・・

また沼を見に行ったら報告しますね。

蓮の花を見たときの夏の様子はこちら

ジャンル:
ドライブ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤブサンザシ | トップ | グリーンのコットン »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ロサグリーン)
2012-10-22 21:30:41
こんばんは

私はその番組は見ていなかったのですが、
先日、苫小牧のイコロの森に行く途中に
ひっそりとした沼がありました。
(近くには有名なウトナイ湖もあります)

やはりこの光景に近いものを感じました。
秋の沼は落ち着いていて、
もの静かで優しい雰囲気がありますね。
光のせいかな?

それにしてもハスの種、不思議~
当たり前ですが水の中で芽がでるのですね^^;
Unknown (ぴぴん)
2012-10-23 17:34:47
ああ!これは!
なんと言っていいか分かりませんが、
写真をありがとうございます。

それ以外、言葉になりません。
Unknown (雅♪)
2012-10-23 21:57:56
花の後もなお存在感のある植物ですね。
よく枯れた向日葵を絵にする方も多いのですが、
これも絵にしたら、味わい深い絵になりそうですね、
寒くなって (ミント)
2012-10-24 20:48:59
ロサグリーンさんこんばんは。
東北も北海道もずいぶん気温が下がって寒くなりましたね。
雪の便りもそろそろでしょうか。

秋から冬は枯れた蓮がまた春には芽を出し水上に葉を広げて花を咲かせる・・・その光景は毎年のように見ているはずなのに先日は何だか見る目が今までと変わったように感じました。
うまくい言えませんが根は泥の中で生きているんですね。

北海道は更に雄大な湖や沼がたくさんあるのでしょうね。
ぴぴんさんへ (ミント)
2012-10-24 20:56:08
こんばんは。

もしかしてぴぴんさんにショックを与えてしまったのでしょうか・・・
悲しい思いを抱かせてしまったのでなければいいのですが。

来年もまたきっと美しい花を咲かせてくれると思います。

余談ですがあのときオストさんが生けた食用レンコンの花は真っ白でしたね。
食用にも色々種類があるようで以前義父が作っていたレンコンはピンクの花が咲くものでしたよ。
http://blog.goo.ne.jp/herb-mint_2006/d/20090718
雅♪さんへ (ミント)
2012-10-24 20:59:21
こんばんは。
そうですね、雅♪さんは絵を描かれるからきっとわたしが想像できない目線ですばらしいものを描かれるのでしょうね。

もう渡り鳥がたくさんやってきていてにぎやかな鳥の声がひっそりした沼の湖面に響いていました。
ご心配をおかけしました。 (ぴぴん)
2012-10-25 09:52:14
見たとたんにああ!と思った、そのままに書いて
ご心配をおかけしてしまい、すみませんでした。

ショックはショックだったのですが、どちらかというとミントさんの書かれた、
「ジーンと胸に迫る」というものに近かったのではないかと思います。

それから一日つらつら考えて、そのあたりを今日のブログ記事にしました。
その中で、この記事をリンクさせていただきました。ご了承ください。

食用の蓮にもいろいろあるのですね。
あの日お寺に活けるためには、白だったな、と思いました。
いえいえ (ミント)
2012-10-25 20:52:46
ぴぴんさんこんばんは。
ショックを感じさせてストレスにならなければいいなあ・・・と心配しましたが大丈夫でしたらよかったです。

私もあの沼の光景を実際に見たときは一瞬別の思いがよぎりましてその日にブログに載せるべきか少し迷いました。
でも考えてみると沼も蓮も人々の思いとは関係なくそこにあって自然のままに芽吹いたり咲いたり、枯れたり・・・
こんな風に寂しい光景が冬にはもっと寂しい眺めになりますが、春にはまた水面に新しい葉が開いてくれると思います。

そうですね、あの辺りを通るとレンコンの花の時期には白花が多いです。
でもオストさんの目に留まったのも必然かもしれない、あの時はやはり白い花だと私も思いました。

リンクの件ありがとうございます。
つたないブログ、恥ずかしいですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL