妻はアルツハイマー型認知症だった 介護終了・・・介護者のゆくえ

妻は入居中の特養で平成28年6月4日最重度の段階で永眠しました
妻の遺言を一生忘れないで生きていくつもりです(秘密)

1年前の私のブログにコメント

2017-01-30 17:13:24 | 介護の回想
 
思いもよらぬ情報

当地は昨日、今日と雪は降らず晴れ間が見えました。昨夜は冷え込みが強かったです。 妻はアルツハイマー型認知症で特養に入居しています。発症から13年目です。意思の疎......
 

平成28年1月25日の私のブログを振り返ってコメントしてみます。

 

この記事投稿後130日目の6月4日午前5時51分 私と息子に看取られて1本のローソクが燃え尽きたようにゆっくりと音もなく体の動きもなく息を引き取りました。

 

1月25日の時点までは 3日毎の食事介助が日課になっていて長年の願い「回復の一縷の望み」は失せていたと思う。

ただただ 「どんな形でもいいからいつまでも生きていて欲しい」と願っていた。

と同時に、妻の気持ちを察せずに私の勝手な望みではないのか?

妻は楽になりたいが私の願いを叶えることのみに懸命に頑張っていて苦しんでいるのでは との思いが強くなってきた。

 

「もういいです」と訴えているように思えてきたのです。

 

それから間もなくして 4月6日 私が昼食介助に行ったその日の夕食時に誤嚥してダメージが大きく それから点滴のみの治療になり59日目の6月4日永眠しました。

 

『介護』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知症予防は出来るのか? | トップ | この記事の122日後に妻は永眠... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nos569)
2017-01-31 17:45:55
おつかれさまでした・・・。
nos569さまへ (herabuna)
2017-01-31 19:58:01
ご訪問頂きありがとうございます。

これからもよろしく
はじめまして (N&N)
2017-02-12 21:01:14
ブログを読み
私も同じ経験をしました!

ただ 私の場合は両親ですが~
特に父の進行が早く 対応と受け入れに時間がかかりました。
金銭的な問題と親戚など周りからすべて私への負担が増しいつ破綻するかまで陥りましたが今年の1/25
要介護5の認定を受けて直に他界しました。
認知症の他 胃がんも有り 延命治療はせずに父の希望どうり自然に任せて見送りました。

何だか似ている様な感じだったのでコメントしました。
N&Nさま (herabuna)
2017-02-12 22:14:37
コメント有難うございます

共感して頂き気持ちが楽になりました
私の場合 経済的問題や 対人関係の問題が大きくて介護の悩みはその分少なかったのかもしれません

暫くの間 先のことは考えないことにします
今後ともよろしくお願いします!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

介護の回想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。