妻はアルツハイマー型認知症だった 介護終了・・・介護者のゆくえ

妻は入居中の特養で平成28年6月4日最重度の段階で永眠しました
妻の遺言を一生忘れないで生きていくつもりです(秘密)

自然界の法則

2016-10-19 18:29:07 | 介護の回想

落葉寸前の一葉の桜の葉

妻のアルツハイマー型認知症の結末を物語っているようだ。

どう見ても元に戻る筈はない。

健常者の5倍速のスピードで老衰していった… …最終の3年間は。

自然の摂理だと認めます

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝から日本晴れ | トップ | 今日も穏やかな秋晴れです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

介護の回想」カテゴリの最新記事