『はつかいち』 ぶらり

安芸の宮島の地・・・廿日市を見たまま紹介―独自の好奇心アンテナを張り巡らせて、ビビッと反応したものを紹介します。

外宮社地御前社の釈迦堂

2017年06月20日 | 「廿日市地区」ぶらり





昨日紹介した江戸期の絵図にみられるように外宮社地御前社の釈迦堂は現在の地御前小学校の地にあったようである。明治期の神仏分離により釈迦堂の本尊である釈迦如来像も流転を経て現在ある堂宇に安置されたようである。
この釈迦如来像は丈六座像の大きな仏像であり、江戸期以前は相当大きな仏堂に祀られていたものとみられるのである。

『広島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外宮社地御前社の御旅所礎石? | トップ | 広電バス廿日市車庫跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「廿日市地区」ぶらり」カテゴリの最新記事