『はつかいち』 ぶらり

安芸の宮島の地・・・廿日市を見たまま紹介―独自の好奇心アンテナを張り巡らせて、ビビッと反応したものを紹介します。

津伏大元神社

2017年03月20日 | 「廿日市市周辺部」ぶらり

津伏大元神社拝殿

                                            拝殿大棟の龍図

佐伯区湯来町の太田川沿いにある集落の津伏地区にある大元神社であるが由緒など定かでない。江戸期の地誌によると八幡宮の同殿に大元大歳二神ありとあるがどのような経緯で大元神社となったのかは明らかでない。
拝殿の屋根で青海波瓦が組み込まれた大棟の両側が漆喰塗としてあり龍が描かれている珍しい手法の大棟である。

『広島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜尾城時代の妙見社 | トップ | 可部線水内駅跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む