へんたいみやけさんの本と映画とCDとキャバクラ

へんたい みやけ さんの仮想世界? 理想郷

「本能寺ホテル」 DVD 綾瀬はるか、堤真一

2017-11-16 | 映画


2017年作品。

倉本繭子(綾瀬はるか)は婚約者の金婚式のパーティに出席するために京都へ。しかし予約したはずのホテルは1ヶ月先というミス。繭子は路地裏の本能寺ホテルに泊まることに。エレベーターに乗った繭子は戦国時代の本能寺にタイムスリップして織田信長(堤真一)や森蘭丸に出会う。



務めていた会社が倒産、その直後に婚約受け入れた繭子は、自分のやりたいこと が分からなくなっていた。その折に不思議な現象で本能寺の変の直前の織田信長に会い、信長の考えや生き様を知る。繭子は歴史が変わってしまうことを覚悟の上で本能寺の変を伝えるが。。。





本作の要素
・現代女性がタイムスリップして織田信長に出会うというSF
・女性の自分探し(やりたいことが分からない)
・自分の死を知った織田信長の判断
・天然ボケ
・京都観光名所

無理なシナリオ
本能寺の変を伝えられた織田信長の行動。これはあり得ない。

京都観光名所
鴨川、先斗町、嵐山、八坂神社など、位置関係は無視して次々と観光名所が登場します。京都在住の者としての違和感は、広告看板が画面に入らないようにした妙に低いアングルと、CGを駆使した補正。このアングルは頭が天井につかえてしまうような閉塞感。CG補正は、ぼかし、コピーそしてとどめが色補正。八坂神社の鳥居の色をREDにしたらあきません。

本作は堤真一と綾瀬はるかのボケを楽しむ作品です。

本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「夜に生きる」 DVD ベン・... | トップ | 「劇場版 教科書にないッ!3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事