へんたいみやけさんの本と映画とCDとキャバクラ

へんたい みやけ さんの仮想世界? 理想郷

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 DVD クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jr

2016-10-15 | 映画


2016年 米国作品。
マーベルのアベンジャーズ シリーズ作品。「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の1年後の物語。

ヒドラの残党のテロを阻止するためにスティーブことキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)達がナイジェリアへ出撃。そこで敵の自爆攻撃の防衛のために一般市民に犠牲者が出てしまう。この結果、アベンジャーズを国際連合の管理下に置く決定がなされる。トニー(ロバート・ダウニー・Jr)やジェームズ・ローズ、ヴィジョン、ナターシャはこれに従うこととして署名するが、スティーブ、サム、バッキーらはこれに危険性を感じて署名を拒否する。シベリアにウィンター・ソルジャーが冷凍保存されておりこれを復活させてテロを行う計画があることを知ったスティーブはこれを阻止すべくシベリアに向かおうとする。しかしトニー達がこれを止めようとして、アベンジャーズ同士の戦いとなる。





今回はアベンジャーズの仲間割れ。敵はアベンジャーズです。
そして、新たにスパイダーマンとアントマンがメンバーになります。よくもここまで、メンバーを増やしますね。同一世界観のクロスオーバーと言っても、そろそろ観客側がオーバーフローします。





強い敵を作るのが困難になったので、味方を敵としたというお話し。仲間同士でここまでやっちゃダメだよ とか、アクションシーンで こういう醒めた気持ちがちらほら浮かんできます。
エンディングで次はスパイダーマンという振りがありました。こういうことされると次も観たくなります。あくどいマーケティングですね。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マランツ プリメインアンプ P... | トップ | 桜田淳子 ベスト・ヒット・ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL