へんたいみやけさんの本と映画とCDとキャバクラ

へんたい みやけ さんの仮想世界? 理想郷

Herbert von Karajan Recordings 1938-60 Collection 117 CDs

2017-10-04 | 音楽


独Membran 2012年発売

著作権が切れたカラヤンの最初期から1960年までの録音。この音源をリマスターしてCD 117枚に詰め込んだ超大型ボックス。
SPからステレオ最初期までのEMI、DECCA、POLYDOR、DG、ライブ録音が集められています。CD 1は1938年録音のモーツアルト「魔笛」序曲から始まり、CD 117の1955年録音のヨハン・シュトラウス「こうもり全曲」まで。





ボックス内にこのように小箱に分けられています。この割り振りの規則性が理解しがたいところがあります。カラヤンの記録という観点からは録音年代順に並べて欲しいし、コレクションの管理の観点からだとレコード会社別に振り分けて欲しかったです。

CD 3まで聴いたところ。最古が1938年の魔笛、最新が1944年の英雄。SPのスクラッチノイズを取り去るために、音楽ソースもかなり削ったマスタリングです。ノイズ感は少ないのですが、音が痩せすぎという感覚。他のCDがどうなっているのか、興味ありです。

このセットには1950年代のEMI録音のフィルハーモニア管弦楽団とのベートーヴェン交響曲全集や1958年~1960年のDECCA録音のウィーン・フィルとの名演奏、名録音が入っています。ベートーヴェンはハイレゾ音源で、他はCD単品で所有しており 重複となりました。
本セットはAmazonで6,969円で購入。一枚あたり60円を割った格安CDです。一日1枚聴いて、4ヶ月楽しめる 本当にお買い得セットです。

Herbert von Karajan: Recordings 1938-60 Collection
クリエーター情報なし
Membran/Intense
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「パッセンジャー」 DVD ジ... | トップ | 「ゴースト・イン・ザ・シェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事