へんたいみやけさんの本と映画とCDとキャバクラ

へんたい みやけ さんの仮想世界? 理想郷

卓球王国 2017年6月号

2017-05-06 | 本と雑誌


卓球王国 218ページ 667円+税

1月の全日本選手権 男子シングルス 準優勝の吉村和弘が表紙。
そして特集は吉村和弘の「脅威のチキータ」 と インタビュー記事。

「脅威のチキータ」
4つのチキータ技術。
①基本のチキータ、②一撃のチキータ、③短いチキータ、④サイドスピンチキータ を使い分けている。
分解写真を見ると、吉村和弘の才能がすぐに分かります。
・身長の高さ → 肘の位置が高くなり台上でも十分に大きなスイングができる。
・腕の長さ → 大きなアークのスイングすなわちヘッドスピードが出る。
・手首の柔らかさ → 手首の可動範囲が大きく、バックスイングからインパクトまでの加速が大きい。
・足腰の強さ → 上半身の速い動きを微動だにしない下半身の土台が受け止めている。
③短いチキータの解説ははじめて読みました。ボールを山なりにしてネットを超えてすぐの辺りにバウンドさせるチキータです。短いループドライブ系の技術です。頂点からボール 1〜2個分落ちたところをインパクト。インパクト後はラケットを振り切るのではなく、止めるイメージ。 難易度が高い技術です。

新グッズ特集 「SWAT POWER(TSP)の全貌」
TSPのヒット商品 7枚合板のSWAT。このシリーズの新モデルSWAT POWERが大ヒットの兆しがあります。定価10,000円の中級者向けのラケットですが、全日本選手権男女シングルス ベスト16以内で3名がSWAT POWERを使用していました。
SWATは燻製して内部の水分を飛ばす加工を施した木材を使用。この木材は軽量になり、やや硬くなるが、実際に打ってみると弾く力が弱くなりボールをつかむようになる。SWATではこの木材を5枚、SWAT POWERでは上板だけの2枚使用。SWAT POWERは板厚を6.0mmから6.6mmに厚くしてスピードを上げた。4名の選手による試打ではインナーフォースレイヤーZLCを使っている選手が「今日から使います」という反応。
気になるラケットです。

卓球王国 2017年 06 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
卓球王国
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TSP SL-PREMIUM 40+ 3スター... | トップ | 「オーバー・フェンス」 DVD... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL