へんたいみやけさんの本と映画とCDとキャバクラ

へんたい みやけ さんの仮想世界? 理想郷

Andro RASANT 「POWERGRIP」 ラバーの貼り替え

2016-10-12 | スポーツ


アンドロ ラサント パワーグリップ 1.7mm Red

愛用ラケット バタフライ ガレイディア T5000 FLのバック面ラバーの貼り替え。1ヶ月ほど前にフォア面 ニッタク ファスターク G-1 を同じラバーに貼り替えています。ここのところ、奇数月にフォア面、偶数月にバック面 と2ヶ月単位でラバーを貼り替え。練習量に比例してラバーの消耗が激しいです。



XIOMのOMEGAをEURO→PRO→ASIAと3種使いました。カタログの通り、ASIAが弾みが一番。EUROは使いやすい。
今回は回転を追いかけたいので、回転が一番かかると言われているメーカーAndroのRASANTシリーズのPOWERGRIPを選択。スポンジの厚さは1.7、1.9、2.1mmの3種から、私好みの最薄 1.7mmを選択。



ラバー貼り替えで183gが185g。2gの重量増です。たったの2g、1円コイン 2枚分ですが、この差は感じます。重くなりました。



早速練習。
違和感無く、バックのロングやサービスが入ります。
OMEGA ASIAのようなバック・ハンド・スマッシュがパチンと飛んでいくという感覚は薄れました。これは音による感覚もあるかもしれません。
一方で、チキータがやりやすい。相手サービスの回転を上書きして返球しやすい。さらに、バウンド後の曲がりが良いですね。ドライブも、回転がかかるのでオーバーしそうな勢いで打ち出してもドロップして入ってくれます。
もう少し使わないと最終判断できませんが、今までで一番私のプレー・スタイルにマッチしたラバーのようです。

andro 卓球 ラバー 回転テンション系 裏ソフトラバー ラザントラバーグリップ 112219 レッド 1.9
クリエーター情報なし
andro
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マランツ プリメインアンプ P... | トップ | まめも 裏具 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL