春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#278;孤独死

2017-08-09 15:50:02 | 老いの風景
ひとり孤独に死んでいく
それは誰もひとり寂しく死んでいくことを望む人はいない
NHK取材班著『無縁社会』から
 

現実の介護相談を通し
様々な想いにかられる
孤独死 は 無縁死
血縁 地縁 社縁 を失いひとり孤独に死んでいく
誰にみとられることなく
何にも遺体のまま放置されたままで・・・・

私自身 もう両親は他界し
故郷である北海道には生家も無い
帰る生家が無い
心の拠り所である帰る家が無いほど
寂しいものはない
17歳のときに田畑家屋敷は
他人に売却し借金の返済に充て
手元にはほとんど残らなかった
老いに入っても
当時の生家の風景を想い描くことはある

無縁死の多くは
故郷を失った人たちが多い
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #277;「ささやき(囁き)」... | トップ | #279;老いた男の独り暮らし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。