星 光輝  桜梅桃李(おうばいとうり)

桜梅桃李の花、何れも白や濃淡のピンクの色をした美しい花を咲かせ、それぞれが個性的な花であり、病んだ私の心を癒してくれる。

#106;嫉妬

2017-05-17 16:22:17 | 心の色鉛筆
ご訪問いただき、ありがとうございます 

男性の嫉妬は醜い
女性の嫉妬は可愛いが
時には怖い時もある

他の女性が優しくされると
嫉妬する女性がいた

他者から優しくされたことがない女性
他者の痛み・悼みや悲しみを
気にすることなく生きてきた女性

この先 老い往き
誰かの手が必要となったときに
人の優しさに気づくのであろうか
それとも気がつかず
不幸な女性と嘆いてしまうのか

老いたとき
喜怒哀楽をわかちあう友がいないほど
寂しいものはない

優しさは無償の行為であり
感謝の気持ちから優しさが施される
嫉妬は優しさを奪ってしまう








『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #105;人間って可哀想なもんだ | トップ | #107;皿を投げる婆さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL