春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#294;山寺の地まで行き山寺の階段登らずに帰る

2017-08-13 19:29:13 | つぶやき
山寺の地まで行き山寺の階段登らずに帰る

今日は家族三人(妻 beagle・gennki 私)でドライブ 
当初は新潟県の寺泊だったが
急遽 山形県の山寺に変更
東北自動車道から山形自動車道を走り、北山形ICで降り
山寺へ到着
一人息子gennkiが興奮し
お土産も買わず、山寺山門の階段は勿論登れず
ミンミン蝉の元気な鳴き声が
耳に響いた
山寺に来た~ というだけで終わり
仕方がない
帰り道は 山寺から米沢経由で会津若松まで国道をひたすら走り
会津若松ICから磐越道を走り、白河ICで降りる
走行距離 往復444.0kmピッタリのゾロ目

写真1枚撮ることができず残念
ワンボックスワゴンを運転していけばよかったのですが
ワンボックスワゴンは普段妻が運転している
右手首靱帯損傷と骨折で運転できず
ラパンショコラで私が運転
助手席は勿論一人息子
妻は運転席の後部席だったので
狭くタイヤの上だったこともあり
妻は疲れ気味
一人息子も疲れ気味
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #293;つぶやき | トップ | #295;上手な介護サービスの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。