老い楽の詩(「桜梅桃李」)

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#189;海辺の夕陽に憧れる

2017-06-13 13:23:03 | 心模様
スヌーピーが大好き!
それで
beagle元気が
家族になりました

ご訪問いただき、ありがとうございます

鴨長明の方丈記を読むたびに
人生の無常観を感じてしまいます

怠けて生きても
頑張って生きても
人間 最後は死ぬ
死んだら終わり
であれば
好きなように生きる
と云っても
やはり空しくなるだけ

視点を変え
死ぬ運命にあるからこそ
死ぬときに
生きてよかった
と 思えるような
呟きをしたいものだ
まだ
生きてよかった
と 云えるような
境涯に達していない

最期は
wifeの膝枕で
日本海に沈む夕陽を眺め
永い眠りにつく
そんな情景を憧れている
(膝枕ではなく肘鉄砲を頂いたりして)

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #188;蝸牛 | トップ | #190;五木ひろしのように目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。