星 光輝  桜梅桃李(おうばいとうり)

桜梅桃李の花、何れも白や濃淡のピンクの色をした美しい花を咲かせ、それぞれが個性的な花であり、病んだ私の心を癒してくれる。

#103;桜さくらにかける想い

2017-05-16 10:17:56 | 花だより
ご訪問いただき、ありがとうございます

宮沢賢治風に書くと

暑さにも負けず
脱水症になることもなく
夏を乗り越えた
寒さにも負けず
インフルエンザに罹(かか)ることもなく
寒い冬をじっと耐えてきた

燕(つばめ)は春の風を運ぶ
今年で桜の花を見るのは 
これが最後かな と思い
春夏秋冬が過ぎた
桜の樹とともに齢を重ね再び春を迎える
逢えるとは思わなかった桜
「今日、桜に逢えて本当に良かった」
と老女はかすかに泪を浮かべ呟く
「一年」生き延びてきたことへの感謝と喜びから
手を合せた90歳の老女は、
いまも一人暮らしを続けている
桜の開花は 閉じた人間の心を解し(ほぐし)
心躍らせてくれる

桜は咲き始めてから
わずか十日ほどで
儚く散る花の命であることから
人はそれぞれに「出合い」と「別れ」を重ねてきた

今年の桜は散ってしまった
いま新緑の葉桜に心癒されている
 
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #102;塀の中の介護風景 | トップ | #104;心配症なのか 認知症... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL