春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#276;にんげんじゃない 許されない

2017-08-09 04:07:59 | つぶやき
にんげんじゃない 許されない 

#8;家族模様4 許すことができない ショックな出来事(一部再掲)

桃子さんに尋ねた。
彼女は躊躇う(ためらう)こともなく
「まだ(子猫の)眼が開かないうちに、
袋の中に入れ窒息させてから 両手で子猫の首を捻る。
そうすればあっけなく死んでしまう」。
 (「惨い」 「可哀想」 「許されない」 「人間じゃない」と心のなかで思いながら)
「その後どうするの?」と・・・。
「庭に面している道路側の角地に穴を掘って埋める」
 「桃子さんは埋めることはできないでしょ・・・」
「息子が埋めてくれる」
 「そうなんだ~」と言いながらも
ショッキングな話であり 子猫が余りにも可哀想!
子猫に罪はないのに・・・。

親猫が妊娠した
元教師の桃子は また産まれたら
「子猫の首を捻ればいい」と
現役教師をしている息子は
お腹が大きくなった猫を
何処へ遺棄してきた様子
事実は確認できないが
もしそれが事実だとしたら
余りにも惨い
暑さのなか
飢餓と脱水のなか
母子ともども
生き地獄ともいうべき死

にんげんじゃない 許されない

その親子猫を守ってあげることもできない
自分の不甲斐無さ 

ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #275;涙は心の言葉 | トップ | #277;「ささやき(囁き)」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。