老い楽の詩(「桜梅桃李」)

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#29;「思う」と「想う」と老人介護 ( 1 )

2017-04-19 06:21:40 | 介護の深淵

思い と 想い
この2つの言葉が持つ深い意味は
介護施設やデイサービスそして在宅で生活している老人から
教えられた。
この2つの言葉は、声に出して読むと同じ「おもい」になる。
介護の世界からだと違って見えて来る。
「思い」は、老人の介護を通し、
自分の《心の中で何を感じたのか》。

ベッド上には四肢(両手両足)が拘縮し、
寝がえりをすることもできず、勿論歩くことはできない。
日めくりカレンダー📆は変わるが
無味乾燥な天井だけを見ながら生きる。
そのような寝たきり老人の介護をしたとき
自分はどう感じたのか(どう思ったのか)。
自分がその立場になったとき、
自分はどう《思う 》のか。
自分の 頭で考えてみることはとても大切。

医療機関や介護施設は、非日常的な時空間(世界)にある。
知らず知らずのうち介護行為そのものに慣れ、
「介護業務」に 終わってしまったこともある。
一日の介護を終えたときでもよいし、眠りにつく 前でもよい。
「きょう 、自分の介護はあれで良か ったのだろうか」
喜びあったこと、感動したこと
悲しくて切なくて老人の手を握ったこと
涙したこと、怒ったこと、
心残りだったこと、死を悼んだこと
自分の頭のなかで《思い》巡らすことが
老人や老人介護から学ぶことである。


20代頃の私は、福祉や介護の仕事は動機が大切だと思い込んでいた。
平成元年に老人介護の時空間に足を踏み入れてから変わった。
どんな仕事においても動機よりも、
その仕事に就いた一年後の自分は
どれだけ変化したのかが、問われる。
老人との関わり(係わり)のなかで、
自分が感じとってきたものを
老人や同僚に話しかけていくことが大切になる。

保育と介護は共通しているところがある。
それは 《伝え合い》にある。
幼児も老人も、親・保育士・介護者 自ら「思った」ことを
行動に起こして行かないと、
言葉だけでは伝わりにくい。
それは自分の《思い》を 相手への《想い》に
【昇華】させて(高めて)いく。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #28;春よ 来い ♬ | トップ | #30;退院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。