星 光輝  桜梅桃李(おうばいとうり)

桜梅桃李の花、何れも白や濃淡のピンクの色をした美しい花を咲かせ、それぞれが個性的な花であり、病んだ私の心を癒してくれる。

#36;床に臨む

2017-04-22 04:56:01 | 介護の深淵
今年咲いた梨の花

時間は砂時計のようなものであるのかもしれない。
落ち往く砂は早く 残された砂は少なくなってきた。
老人にとっても 
わたしとっても 
残された砂のように 大切な時間である。
老人の顔に深く刻みこまれた皺、
節くれだった手指から、
わたしはなにを感じながら 
なにを話すのでしょうか。

病院のなかで“臨床経験”という言葉をよく耳にする。
読んで字の如く「床に臨む」となり、
「床」つまりベッドに寝ている人は患者=病人であり、「臨む人」は医師や看護師である。
直訳すると ベッドで痛み苦しみを抱きながら病魔と闘っている患者に対し、
向き合っている医師、看護師は 何を為さねばならないのか。
介護の世界においても同じである。
ベッドは畳(たたみ)一畳の限られた時空間のなかで、
寝たきり老人は生活している。
ベッドに臥床(がしょう)している老人と目の前にしたとき、
わたしは どんな言葉をかけし 何を話しかけていくのだろうか。
十年間寝たきりのある老人がいた。
長い間家族から離れ そして友人が住む地域から離れ じっと耐え 生きてきた十年間。
明日のことより 今日 精一杯生きていくことだけを考え、
今日まで生かされてきた。

わたしには 時間がある?
あなたには 時間は残りすくない
わたしの時間を あなたにプレゼントする思いで
ゆっくりと あなたの傍で 話をしてたい

『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #35;超元気な 108歳❣️ ... | トップ | #37;不揃いのチュウリップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL