春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#135;夜明け前3時00分の病棟

2017-05-26 03:07:06 | 春夏秋冬
ご訪問頂きありがとうございます

トイレで目が覚めた
夜明け前3時00分頃の病棟
足音もせず静まりかえっている

左手の痛み無し
良かった
後は感染予防だけ
高熱38.5℃以上のときは
救急外来受診

それよりも
右腕に刺した点滴の針が痛い
動かすたびに針刺しの痛みが
チクチクする
我慢我慢 10時頃には針は抜かれる

余りの静けさに
腕時計の秒針の音が
チッ チッ と聞こえ
眠れなくなる

何もせずとも
横たわるとしようか

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #134;お返し | トップ | #136;いま痛みが・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

春夏秋冬」カテゴリの最新記事