空蝉 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#107;皿を投げる婆さん

2017-05-17 18:44:41 | 老いの風景
朝焼け
ご訪問いただき、ありがとうございます 

寝たきりになっても 
どういうわけか 
爺に比べ婆のほうが元気である

大正14年生まれ91歳になる大熊ステは 
正岡子規と同じく
24時間臥床の生活にあっても
気に入ったおかずは食べるが 
気にいらないおかずは握りつぶす
ときには皿を投げてしまったりするので
長男嫁は 
発砲スチロールの「皿」に変えてみた
付かず離れずの距離で介護かな
『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #106;嫉妬 | トップ | #108;感無量の泪(なみだ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

老いの風景」カテゴリの最新記事