老い楽の詩(「桜梅桃李」)

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#238;シャボン玉飛んだ

2017-07-12 10:35:22 | 心模様
シャボン玉飛んだ

シャボン玉飛んだ
屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで
こわれて消えた

シャボン玉消えた
飛ばずに消えた
産まれてすぐに
こわれて消えた

風、風、吹くな
シャボン玉飛ばそ


子どもの頃よく
シャボン玉を飛ばしながら唄ったことを思い出す
野口雨情が作詞した有名な童謡
昭和30年代頃は
シャボン玉の遊具セットはなく
固形石鹼を水に溶かし
ストロー(ないときは穴のあいた藁)で
シャボン玉を飛ばした

シャボン玉の詩は
死んでしまった子どもへの鎮魂歌ではないといわれている
シャボン玉が
屋根までこわれずに
飛んだものなら
大喜びした

シャボン玉は
太陽の光で虹色に輝き綺麗だった
「そのシャボン玉が
飛ばずに消えた
産まれてすぐに
こわれた消えた」
当時貧しかった時代
産まれても育てることができず
間引きされ
この世から消えていった
そんな寂しい詩の意味があった

先ほど書いたように
シャボン玉には夢がある
産まれたばかりの子どもは夢がある
七色の虹となって光り
大空へ飛んでいくのだ



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #237;似た者同士 | トップ | #239;夕立のような雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。