春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#229;この世からその人が もういなくなることは 寂しいことです

2017-07-08 04:34:12 | 老いの風景
死を悼む

卒寿で亡くなった田島一三さん
今年の4月20日 突然脳幹梗塞を発症
元気なとき「鼻腔や胃に管を通し流動食では生きたくない」と
話されていたので
彼は言葉を発することは出来なかったが
問いかけには意思表示ができた
管を挿入することには頑なに拒否した
痩せこけても56日間最後まで闘病し永眠された
自宅の畳の上でや穏やかな表情であった
娘たちは父の死を悼み 悲しみに包まれていた
彼は生前電気設備の仕事をされ
棺には電気関係の本やその専門雑誌が白い菊とともに添えられていた

長く生きた親が他界されても
悲しまない遺族もおられる
他者の死には慣れていけない と自戒していきたい

この世からその人が
もういなくなること
寂しいことです
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #228;喜楽に生きてみようか | トップ | #230;犬と人間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

老いの風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。