春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#466;人間を喰いものにする妖怪

2017-10-11 14:47:13 | つぶやき
 人間を喰いものにする妖怪

筍のようにサービス付き高齢者住宅があちこちにできている。
すべてのサービス付き高齢者住宅が悪い、と決めつけているわけではない。
なかには良心的なサービス付き高齢者住宅もある。
しかし、現実は中味は粗末で貧しいサービス付き高齢者住宅が多いのでは・・・。
昨日私が訪れた常陸国の或るサービス付き高齢者住宅を見て、悲しかった。
日中は併設のデイサービスで過ごされている老人達が8人ほどおられた。
どの老人も精気がなく、下をみつめ、車いすに坐らせたままであった。
スタッフはただ一人いるのみ。
生活相談員や看護職員は館内にはいるのだろうが、
私が3時間いても顔を見ることはなかった。
昼食は 冷たいご飯 冷たいおかず、冷めたお茶 が配膳された。
何が「サービス付き」か、と悲しくなった。
サービス付き高齢者住宅は月額20万円は用意しておかないと、
安心して暮らすことができない介護施設。
高齢者住宅の一つであり、賃貸住宅扱いとし、
介護サービスを求めるなら、お金を支払いなさい。
介護サービスの利用は、
サービス付き高齢者住宅で用意した訪問介護、通所介護(デイサービス)を使いなさい。
お金を取れる老人からは、(粗末なサービス、貧しいサービスであっても)喰いものにする妖怪介護事業経営者。
怒ったところでどうしようもない。

いま自分ができること
小さくてもいいから、
力が微弱であっても、
老人もスタッフも元気になる、
小規模デイサービスに力を尽くしていかねば、と思った。


愚痴のブログになり、嫌なブログだね。
気をつけます。
ジャンル:
かなしい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #465;生理的欲求と介護 ② ... | トップ | #467;生理的欲求と介護 ③ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に (柴田と申します)
2017-10-12 07:37:33
心が痛みます
私もそんな所に介入して利用者さんがかわいそうで涙が
出て有料老人ホームしてみたんですけどね
介護度が5の人でもホームに入ってくるお金は1日1万くらいなんですね
時給換算したらお一人から頂ける料金は時給500円にもならないんです
介護さんでも今、時給1500円とか出ています
その時給を出すためには1人の介護さんは何人の利用者さんを見なければいけないのでしょうか
そして利益のために看れもしない重傷を入居させ
酷い現実なんです
お金ほしさに、そういうところに行く介護さんも
金もうけ主義の手伝いをしている訳で
酷いもんです
介護付き・・・皆さんが創造するものではありません
本当に心が痛みます (星光輝)
2017-10-12 17:19:21
柴田様

私がまだ青臭いのか
冷たいご飯やおかず
車いすに放置された老人を
目の当りにして
数日間悶々とし
無気力状態になりました
昔からそのような光影があり
嫌で介護施設を飛び出し
在宅介護の世界に入ったのですが
ケアマネ業は
悲しい哉
矛盾のなかで活動しています

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事