春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#469;生理的欲求と介護 ④ 「食べる」 ⅰ

2017-10-12 15:24:51 | 介護の深淵

  生理的欲求と介護 ④ 「食べる」

生理的欲求の1つである「食べる」とは。
人間にとり食べることは、生きることと密接な関係にある。
食べなければ、腹が減り、腹が減っても食べないで居続けると飢え死(餓死)となる。
人間に限らず、他の動物も同じであり弱肉強食の世界のなかで生存している。

食事が満足に出されず、空腹感や渇望感がある子どもや老人は
家庭以外の場所で食べ物が出されると、
他者の眼を気にすることなく貪り食べる様は、デイサービスの昼食風景でも見られる。
食事に飢えている子どもや老人は、ある意味では家族愛に飢えているような気がしてならない。
食を満たすことは、生命を紡ぐ上でも大切になってくる。

しかし、人間は腹を満たせば(満腹)、それで満足する動物かというと、そうではない。

「食」は、生活であり文化であり、
故郷(ふるさと)の味、おふくろの味が懐かしく、
東京の小料理や割烹では、故郷の料理や旬の食べ物を求めお客が暖簾(のれん)をくぐる。

仕事など自分が頑張ったとき、家族などの誕生祝い、嬉しいときなど
人間は外食や家庭ではご馳走を振るまったりして、食事を楽しんだり、食を味わったりする。
一人だけで食事は(どんなご馳走であっても)味気なく、箸も進まなくなる。
気の合った人たちと、食事するときは、美味しいし、楽しいく、満足感に浸れる。



ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #468;上手な介護サービスの... | トップ | #470;生理的欲求と介護 ④ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

介護の深淵」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。