星 光輝  桜梅桃李(おうばいとうり)

桜梅桃李の花、何れも白や濃淡のピンクの色をした美しい花を咲かせ、それぞれが個性的な花であり、病んだ私の心を癒してくれる。

#203;10倍の速さで老いていく

2017-06-18 19:14:23 | 読み書きの~と
朝焼けの阿武隈川
写真右に写っている小さな森には
トトロが棲んでいる
一人勝手に妄想している自分


ご訪問いただき、ありがとうございます

今日は怠惰な時間を過ごしてしまった
寝だめから、手にしたのは
宇山佳佑『桜のような僕の恋人』
24歳の美容師 美咲が早老症に発病した
桜が咲く季節に晴人に出会い
冬の季節に年老いた姿で亡くなった恋人

早老症
10倍の速さで老いていく病気
小説のなかでは早老症は
ファストフォワード(早送り)症候群」
と呼んでいた

老いた美咲は杖をつきながら歩くこともやっと
痺れた足を引きずりながら必死に歩く
北風が吹き美咲の桜色のユニット帽が晴人の足元に落ちた
彼はそれを拾い上げ彼女に差し出しただけで
彼女とは気づかなかった

その場面がとても切なかった

残酷な難病である
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #202;他愛ないこと | トップ | #204;生老病死 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL