星 光輝  桜梅桃李(おうばいとうり)

桜梅桃李の花、何れも白や濃淡のピンクの色をした美しい花を咲かせ、それぞれが個性的な花であり、病んだ私の心を癒してくれる。

#96;喪失と再生

2017-05-13 13:48:37 | この空を飛べたら
ご訪問いただきありがとうございます 

天国に行った両親や他人からよく言われた
「若い時ほど苦労は買ってでもしろ」。
苦労を体験することで
他者の大変さや辛さ、悲しみなどがわかり人間の厚みも出てくる。
苦労は 人を労り(いたわり)、優しさを培ってくれる。

私の知っている人 身近にいる人なのですが
苦労を一人で背負い過ぎてしまい
他者との繋がりを閉じてしまった57歳の女性がおられる。
若い時に 夫は家を出てしまい
彼女に残されたのは3人の子どもと住宅ローン
必死に働き節約し 子育てをしながらローンを完済した彼女。
その苦労にはただただ感心し、お疲れ様と言葉を添えたくなります。

或る日彼女から 考えたこともなかった言葉を聞いた。
「他人とお茶のみなどのつきあいをするとお金がかかるので、そのようなつきあいはしてこなかった」
だから、彼女には悩みや相談をする友人もいない
勿論 隣近所のなかで、お裾分けのつきあいもない
実家に帰ると老親の面倒をみるようになったら大変だから、実家にも帰らない。
無駄な物を買ったり、無駄なことにお金を使いたくない。
無駄なことをしたくない。

これだけ自分は頑張ってきたのだから
自分へのご褒美として
今日は、ちょっと贅沢しレストランで食事をしていこう
ちょっと痛い出費だったけど 洋服を買ってしまった
そんな細やかな幸福(しあわせ)があってもいいのかな、と思う。

人間の優しさや労(いたわり)は、人間関係のなかで培われる
他者とのつながりを閉じてしまった彼女
いま彼女は 老後に備え蓄え中
いま26歳の息子と二人暮らし
これから彼女は老いてゆく
それは私も同じ
老いは喪失と再生の時を意味する
病により手足や体の一部が喪失する
長年連れそった伴侶が亡くなる 
それは大きな喪失となり 
立ち上がるまでは時間もかかる
(男は妻が亡くなると なかなか立ち上がれない)
(女は夫が亡くなると さあ人生を謳歌し長生きする)

物忘れが進み 記憶や思い出の喪失
死が背後から忍び寄り残り時間が少なくなる(時間の喪失)
友人、知人の惜別による喪失

喪失だけに目を奪われてしまうと
先が見えなくなってしまう
喪失は再生でもある
「できた」ことが 
「できなくなる」
悔やんでも仕方がない
「できる」ことに
生きる勇気を得
「できる」ことは行い
「できない」ことは他者の助けを得る
いま与えられた条件のなかで
もう一度生きてみる


私は桜と並び
秋桜(コスモス)が好き
台風や強い雨風により茎が折れた秋桜は
折れたところから根を張り
再び生きはじめる






『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #95;嫌われる老人 好かれる... | トップ | #97;親切をいただいた夢老人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL