春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#258;俺のこと迎えに来ない?

2017-07-31 08:36:48 | 老いの風景
俺のこと迎えに来ない?

《親父と息子の会話》

親父「俺のこと誰も迎えに来ない」
息子「母親も天国でせいせいしているのに
   まだ、親父には来て欲しくないはずだよ~」
親父「・・・・・」
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #257;夏なのに | トップ | #259;蝉の声が聴こえた »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です! (ono)
2017-07-31 17:41:20
ウチには87歳の祖母がいますが、
数日前、全く同じ会話したばかりで
記事見て思わず吹き出してしまいました(^^;)

生きる気力見失った高齢者あるあるなんでしょうかねぇ…
夫婦、親子にしかわからない言葉 (星光輝)
2017-08-01 02:43:07
ono sama

長年連れ添った老夫婦
特に男はえばり、好き勝手に生きてきた生き物
老夫婦
他者には見えない
深い河があるのかもしれないですね

コメントを投稿

老いの風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。