老い楽の詩(「桜梅桃李」)

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#193;労いの言葉

2017-06-15 11:28:56 | 老いの風景
松さんの散歩中の後ろ姿
(桜デイサービスセンターにて)

ご訪問いただき、ありがとうございます

ショート利用中 食事中に詰まらせ亡くなった
薔薇の花を食べた89歳の認知症老人 故松さん(女性)の(#165)
長女が訪れてきた

実母の介護から解放され
悔いのないというよりは 本当に最後まで介護をされてきた 長女
長女は「亡くなった父親が、もう俺のところに来いと母親を呼んだのでしょう」
「ショートの施設に対しても恨みはなく、介護して頂いたことで感謝しています」
「桜デイサービスには本当に助けてもらった。医院や病院の付き添いをしてくれたときは
本当に助かった。
両腕もあがらず腰も痛く、辛かった。本当にありがとうございました」
と 穏やかに話された。
亡くなった最後の場面を
素直に受け入れてもらえることができ
ホッとした。
「夜間の徘徊
頻回に重なったトイレの介助
朝方玄関上がり框での度重なる転倒による負傷
など
最後は本当に大変でしたよね。
娘さんも憔悴しきった表情で
この先介護続くのかと心配していました。
でもよく介護されていて
お母さまは幸せでしたし
安心してご主人のところへ逝かれたと思います」
と 言葉をかけると
最後は涙ぐまれていた。
介護を終えた後
介護者に労いの言葉をかけることも
大切なことである

妻が夫の老親の介護を終えたとき
介護の協力をしてれなかった夫であっても
最後に「介護お疲れ様、本当にありがとう」
と その一言があるかないか だけで

心身共に蓄積された介護疲れが
ふ~と心が軽くなります
労いの言葉がない夫は
自分が寝たきりになったとき
妻は老親ほど介護してくれるのかどうかはわからない

『介護』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #192;多問題を抱える家族の... | トップ | #194;我々はどこから来たの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (あけ)
2017-06-15 17:11:06
実母の最期の時を、記事を読んで思い返しました。在宅介護で16年間、施設スタッフや、訪問看護、リハビリの先生等の配慮で、在宅介護を頑張れました。私も介護にかかわって下さった方々に感謝です。介護保険制度さまさまでした。
こんばんは 始めまして (星光輝)
2017-06-15 21:01:47
お母様の在宅介護 16年間本当にご苦労様でした。
言葉にできないほど大変なとき辛いときがあったことと思います。私自身、認知症になった母親の介護もしてきましたが、家族ほど支援が難しかったです。感情などが入ってしまったこともありました。介護は自分の老いを見つめることにもなります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。