春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#195;癒される

2017-06-16 04:15:01 | 心模様
ご訪問いただき、ありがとうございます

家族の一員でもあるbeagle元気
本当に癒され 可愛い
生後二ヵ月我家に迎え 
いまは四歳二ヵ月になる
興味心が強く 路上では臭いを嗅ぎ回る
動くものがあれば 走りだす
食欲旺盛
食後は眠りの世界に浸っており
傍からみると羨ましい限りである
「何を考えているのか」
「悩みがあるのか」
などとつい独白してしまうが
元気にしてみたら 
それは大きなお世話であり
“ワン!”と吠えられてしまう
甘えん坊で寂しがり屋
甘えん坊にしたのは飼主の責任 
と苦言を頂きそう
二本足で立ち上がり
サークルの上部枠に前足を乗せる
ときには食べ物を欲しさに
枠に顔を乗せ 
顔を三十度位曲げポーズをとる姿は
可愛らしく憎めない
犬にとって人間様は
どのように映り思うのであろうか
元気は我が子であり家族である
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #194;我々はどこから来たの... | トップ | #196;死を悼む(いたむ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

心模様」カテゴリの最新記事