老い楽の詩(「桜梅桃李」)

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#209;人生の春 ②

2017-06-20 11:35:24 | 介護の深淵
夕陽に染まった淡い雲

ご訪問いただき、ありがとうございます

自然は春夏秋冬、四季の変化や彩りの変化を
わたしたちの日常生活のなかにもたらしてくれる。
季節の移り変わりは、人間の心を勇気づけてくれたり
癒してくれたりもする。
わたしは北海道に生れ育った。
厳しい冬であっても、必ず春を迎える。
冬から秋へと季節が逆戻りすることはない。
冬は厳しく、辛い。
しかし、凍えるような寒さや吹雪にあっても
木々が芽を膨らませながらじっと春の訪れを待つのと
同じように、人間もそうして春を迎える。
介護員は介護を媒介として
生きることを諦め、希望を失くした老人に
「春」をどうもたらしていくのか。

それは、希望、勇気、歓喜をどうもたらしていくのか。
そこに老人介護の本質があるように思える。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #208;「施設に入るなら死ぬ... | トップ | #210;一抹の不安 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。