春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#281;妻 負傷

2017-08-10 15:06:44 | つぶやき
妻 負傷 

一昨日 寝起きのとき
まだ脳が覚醒していなかったのか
自宅リビングで足を滑らし転倒
その際 右手が床に着き
右手首を痛めた
早く受診するよう声かけしたが
仕事を休むことができず
痛みをこらえながら仕事をした
痛みが増し右手首周辺の皮膚が変色

本日整形外科受診
レントゲン、診察の結果
右手首靭帯損傷、右手首骨折の疑い となった
医師からは
「よくここまで痛みを我慢していたものだ
男でも我慢できないほどの右手首の負傷(けが)でしたよ
右手親指を動かすと、靭帯が切れ手術になる」
と言われ 本人はしょんぼり。
妻の負傷は
即 私の日常生活に大きな支障をきたす・・・・・
1箇月間は家事をせねばならない
食事作りが一番大変


手術した私の左手は、ようやく完治した
医師、看護師、薬剤師、妻等々大変感謝しております
ご心配いただきありがとうございました
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #280;目が細い人は 早死に... | トップ | #282;蝉は生きている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。