春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#47;白い煙

2017-04-25 05:15:49 | 心模様
ご訪問ありがとうございます


この世の憂いを消え去り
穏やかな顔で寝ている大切な人
小さくなった肩をつかみ
「朝だよ 起きて」と
耳もとで呟いてみた
もう目を覚ますことがない眠り
死んだように深く眠る 
どう眠りが違うのか
寝ているときは
白い空白の時間なのか

白い煙となって
青い空に消えて逝くときほど
辛いものはない

白い煙は
白い雲となり
流れ消え逝くが
あなたを想うとき
私の心のなかに
あなたは生き還る
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #46;「何か悪いことをした... | トップ | #48;ふらふら歩き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

心模様」カテゴリの最新記事