春夏秋冬 / 老い楽の詩

老い始め、老い逝くまで、楽よりも苦の方が多く待ち受けている。束の間だけでも喜びや感動、笑いあえる「楽」があれば幸せ。

#426;{オシッコ考⑦}「立ちション風景」

2017-09-24 11:17:04 | 排せつ考
立ちション風景 

電信柱にオシッコをかける
犬の気持ちは何なだろうか
それは
自分の縄張りを誇示するためなのか

洋式便器の便座にオシッコをかける
男の気持ちは何なだろうか
それは
単なるものぐさで他人(ひと)の迷惑を考えない自己中なのか

路端でオシッコをしている
婆さんの気持ちは何なだろうか
それは
恥らいよりも漏らすことの方が恥ずかしいからなのか

浴槽のなかにオシッコをしている
要介護老人の気持ちは何だろうか
それは
浴槽のなかにオシッコしてもわからないからなのか

それは困るよ
後から入る人がわからずに
顔を洗うかもしれない
お風呂の前には必ず用足しをして欲しいよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#425;{オシッコ考 ⑥}「生体腎臓移植決定」

2017-09-24 05:05:12 | 排せつ考
自治医大附属病院新館病棟

 {オシッコ考 ⑥}「生体腎臓移植決定」

「腎臓移植」登録するも
あてのない日を待ち続けることは・・・・
この先85歳まで生きらえるのであろうか
透析のため血管はボロボロ
貧血、虚脱感が続く
人工透析を始めて1年余り

平成20年桜が咲く前に
マラソン好きの妹に電話をかけた
「妹の腎臓を一つ譲ってくれないか」
「・・・・・」
「私一人の体ではないので、夫とも相談してみる。子どもたちにも聞かなければならないし」
「返事は急がないから、夫とよく話をしてくれれば・・・・」

それから1週間後に
妹から携帯電話にかかってきた
「兄が元気になるなら、私の腎臓を一つあげてもいいよ」
「本当! ありがとう。感謝するよ~」と一言。
今も、妹には感謝しきれないほど、感謝している
妹の夫や甥姪にも感謝、感謝

兄弟なので腎臓が適合するかどうか検査しなければならない

いままでは自治医科大学附属病院腎臓内科に外来受診していたが
これからは腎臓外科の医師に代わった
鯉のぼりの季節
妹も北海道から飛行機により来日
自治医大附属病院に二人は検査入院となった
結果「腎臓移植は問題ないということになり、平成20年8月27日に腎臓移植手術を行うことに決定」
それまで高熱を出すことなく、万全に体調管理をしなければならない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#422;{オシッコ考 ⑤}「腎臓移植」登録

2017-09-23 12:01:31 | 排せつ考
 {オシッコ考 ⑤}「腎臓移植」登録

日本臓器移植ネットワークへ臓器(腎臓)移植の(希望)登録をした
宝くじみたいなものでなかなか献腎移植に遭遇する機会は稀である
しかも登録後も、いつか来る移植の機会に備えて、体調管理をしておかねばならない
実際に、移植の候補に挙がって連絡をしたときに、「風邪気味」「熱がある」等のときは
移植ができない

なかなか献腎移植は厳しく微かな期待に希望をかけていた

透析を終えた後
脱力感 倦怠感があり
死ぬまで続く透析への不安
それでも夜間透析だったことで
帰って寝るだけ
朝起きれば脱力感は緩和され仕事に出かけていた
透析を理由に甘えたくなかった
透析をしてから
余計に仕事は頑張った
出張もし、札幌、函館、長崎、鹿児島、バンコクなどでも透析を行った

当時まだ55歳であった


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#417;{オシッコ考 ④}「人工透析」

2017-09-22 15:24:18 | 排せつ考
 {オシッコ考 ④}「人工透析」

いまも慢性腎不全症であることに変わりはない私

慢性腎不全症の診断を受け
14年余りの服薬、食事療法を続けるも
医師から腎臓の機能は15%位しかないといわれ
クレアチニンが「8」になると人工透析になるが
人工透析する数値ギリギリまで服薬治療するよりも
クレアチニンが最悪になる一歩手前の数値で人工透析した方が
体に負担がかからない
ということでクレアチニン「6」台の数値で透析に踏み切ったのは10年前
そのときは貧血が酷く、階段を上がるときは足が上がらず本当につらかった
電車に乗り満席のとき、立つのも辛かった
倦怠感もあった
走ることもできず
(30メートルを全力疾走で走るなんてできなかった)

人工透析に踏み切った
透析前の体の状態が一番最悪で
人工透析をした方が体は楽になった
透析して何よりも良かったのは、食事制限を緩和できたことだ
ご飯や肉、魚、果物は幾分多く摂取できたことは嬉しかった
人間食べれることは嬉しい
食事制限も辛いことのひとつであった

透析を始めて辛かったことは2つあった
1つは水分制限 1日多くて700cc
個人差は多少あるが700cc以上水分を摂ることはできなかった
水分を余り摂りすぎると透析をするとき体に負担がかかり、低血圧症状になる

2つめ辛さは「オシッコ」が完全に出なくなる
トイレで用足しができなくなることだ
これは寂しかった
このときほどオシッコがでることの意味と大切さを思い知られた
オシッコがでなくなると「不能者」になったような気持ちになり
人には言えない辛さでありショックであった

健康な体ならば食事や水分を摂ると老廃物としてオシッコやウンチがでる
それは当たり前のことであり、オシッコが出て嬉しかった、と思うことさえない
私の場合は人工透析により血液から老廃物を取り除き、血液を体に戻す
透析で老廃物を除去しても100%きれいな血液ではなく不純物(老廃物)は残っている

透析患者は贅沢病とか怠け病とか揶揄されがちだが、
見た目以上に透析を施行した後は体がだるく、意欲も低下、ときには意欲喪失さえする
一番の不安 死ぬまで透析を続けていくこと
この先どうなるのか
血管はボロボロになる
他人には疲れた顔に見え、顔は痩せこけて見える
途中で透析をやめることは「死」を意味する

仕事をしていたので夜間透析 透析開始18時前後
透析を終え帰宅する時間は22時
週に3回 透析時間は3時間半
時間と行動の束縛は大きかった
でも透析の中で良かったことは2つ
1つは透析患者と知り合え話ができたこと
2つは透析中に読書ができたこと
仰向けで片手で文庫本読むので最初右手は疲れたが、訓練、慣れにより
仰向けで本を読めるようになった
おかげで年間150冊以上の文庫本は読めた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#406;{オシッコ考 ③}「放物線を描くオシッコ」

2017-09-20 03:40:16 | 排せつ考
南陸奥 いつもの散歩路

 {オシッコ考 ③}「放物線を描くオシッコ」

暗闇の一歩手前の夕陽
畦道で
小学生の子どもと立ち並び
放尿をしたことがあった
子どものオシッコは 勢いがよく放物線を描いていた
「元気があっていいなぁ~」と横眼で見ながら
私はオシッコをした
垂直線に近いような状態でオシッコが落ちてゆく
齢をとると「もう放物線を描けないのかな」と
立ちションをしながら侘しく夕陽を眺めていた

帰宅後手を洗った
蛇口の水も勢いがあった


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#402;{オシッコ考 ②}「尿蛋白」

2017-09-19 00:38:55 | 排せつ考
秋桜デイサービスセンターの庭に咲いていた

 尿蛋白が出たら、将来は人工透析か?

馬鹿な男の話
42歳の頃 厄年であることも忘れ
人生を謳歌していた
2年以上も仕事を休まず
朝早くから夜遅くまで仕事をしていた
当時は仕事を3つ抱え
本業は8:30~17:30まで介護施設で仕事①
18:30~22:00頃まで
隣りの市で特別養護老人ホーム申請書類の作成を手伝っていた②
毎週木曜日が休みだったので
東京にある医療福祉専門学校で
非常勤講師で3科目を受け持っていた③
その後もなんやかんや介護の仕事をしていて
いつも帰宅したのは0時過ぎであった
朝は6時過ぎには起き、朝食をとり7時前には施設に向かう
通勤時間車で40分


それでちょっと暇ができ病院受診をしたら
内科医から
尿蛋白があるね。慢性腎不全だな
で原因不明で、この先は治らない病気
現状維持がベストで、クレアチニン、尿素窒素の数値を悪化させないことだ
最終的には人工透析になることは覚悟していた方がよい
この後栄養士と会って、食事についてアドバイスを受けなさい。


ザル水みたいな腎臓で
腎臓機能の働きが低下し老廃物が上手に処理できていない
慢性腎不全症の診断を受けた
貧血になり、階段を昇ることも大変になり足が上がらない
38.0の高熱になり、それが長引くと
一挙に人工透析になるといった塩梅で
人工透析患者予備軍であり、透析とは隣り合わせにあった

このときほど オシッコするたび
オシッコを恨めしく思ったものだった

慢性腎不全症の治療は14年余り続き
服薬、食事療法を行ってきた


尿蛋白=人工透析ということにはならないが
治療が必要
慢性腎不全症は自覚症状がないだけに
40歳を過ぎたら生活習慣病の診断を受けることが肝要



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#401;{オシッコ考 ①}「オシッコが出る」のは、当たり前

2017-09-18 15:28:51 | 排せつ考
 「オシッコが出る」のは、当たり前

手足が不自由になり
トイレに行くことも
一人ではままならぬ
洋式便器の前に立っても
ズボン、下着の上げ下げも
(人様の)やっかいになってしまう
嫁や他人のお世話ともなれば
お茶など水分を控えてしまい
トイレに行く回数を極力減らす
(結果 脱水症となり救急車で病院搬送)
水分を十分にとり
オシッコが出ることは
自然の摂理なのだ
オシッコが出ないと大変なことになる

それが介護になると
「またオシッコでたの!」
「さっき行ったばかりでしょ」
(さっき取り換えたばかりでしょ)
と、つい口から言葉が漏れてしまう

人間 水を飲んだ分(量)だけ
オシッコも同じ量が出る
だからオッシコが出るのは当たり前

人間 
水を飲まなくなり
オシッコもでなくなると
臨終が近い

コメント
この記事をはてなブックマークに追加